USD Tetherを保管できるおすすめのウェブウォレット

Tether USD(USDT)という仮想通貨があります。

Tether USDは1米ドルとペッグしているので、1USDTは1USDとほぼ同等に考えることができます。

Tether USDはビットコインのブロックチェーンを使って(Omni Layer)仮想通貨を送信する仕組みになっているので、従来の銀行システムを一切介さずに「限りなくドル価値に近いコイン」を国境をこえて送付することができます。

TetherはBinanceでも高い出来高を誇っていますし、Tetherは「大衆や中央集権型取引所から選ばれている感」がありますが、どうしても私にはTetherのオフィシャルウォレットがとっつきにくかったわけです。

Tetherはウェブウォレットとは別にiOS WalletやAndroid Walletも出しているので開発環境も素晴らしく、今後ものびしろがあるとは感じるものの、ウォレットを作成するまでに個人情報をたくさん入力しないといけなかったり、国によってウォレットの機能が制限されていたりと、ウォレット自体に「中央集権的」な匂いがプンプンするわけです。

Tether自体が中央集権的な側面があるというのに、ウォレットまで中央集権的な匂いがしてしまうと、何となく敬遠してしまいますよね。だって、いつウォレットに新たな制限がついたり、仮想通貨の送受信がロックされたりするか分かりませんからね。

だからと言ってTetherを扱うなら、ウォレットを作らないわけにもいかないですし、長期間取引所のアカウントの中に放置しておくのも気が引けますから、こういうときはfreewallet.orgを使うのが良いと考えています。

freewallet.orgはウェブブラウザからもアクセスできますし、iOSからならMultiwallet by Freewallet – Freewalletからアクセスできるので、外出先からも簡単にUSDTを扱えます。

一応言っておくと、freewallet.orgはホスティングされたウォレットなので、大量のUSDTを保管するには向いていませんが、少額の保管ならとても利便性が高いウォレットだと言えます。