EthereumのERC 20トークンを保管できるウォレット

今回はEthereum内のERC 20トークンを保管するためのウォレットを紹介します。

そもそもERC 20トークンはEthereum内で作成されたトークンであるため、ERC 20トークンを送受信するにはEthereumのアドレスが必要になります。

ERC 20トークンはEthereumのアドレスに送れば良いのですが、そのウォレットがERC 20に対応していない場合、ERC 20トークンを送っても表示されません。

そのため、ERC 20トークンが受け取るには、ERC 20の送受信に対応しているEthereumのウォレットを使う必要があります。

では、どのEthereumウォレットを使えば良いのかというと、「MyEtherWallet.com」です。

MyEtherWalletはEthereumのブロックチェーンに直接アクセスできるインターフェイスであり、プライベートキーを自分で保有することができるタイプのウォレットです。

MyEtherWalletの良いところは、たとえMyEtherWalletのサイトが潰れたとしても、作成したEthereumのアドレスとプライベートキーをちゃんと持っていれば、別のインターフェイス経由でEthereumのウォレットにアクセスできるので、大量にETH、またはERC 20トークンを送っても安心なのです。ということで、プライベートキーは安全なところに持っておきましょう。

MyEtherWalletのサイトに着いたら、画面の指示にしたがってEthereumのウォレットを作成すれば、Ethereumのアドレスを取得することができます。

作成されたアドレスに向けてERC 20トークンを送れば、そのうちトークンが表示されるようになります。

また、送ったトークンを別の場所に動かしたくなった場合、送付手数料としてEthereumが必要になるので、ERC 20トークンとは別に少量のETHを併せて送っておくことをおすすめします。