ビットシェアーズはどうやって成り立っているのか?

DACはDistributed autonomous companyの略であり、日本語に訳したら、分散自立型組織です。

DACとは簡単に言えば人を一切介在せずに、自動的にビジネスを回すための仕組みの総称です。

この仕組みを実現させるのはブロックチェーン・テクノロジーです。ブロックチェーンがあれば人をリソースとして必要とせず、機械が契約をひたすら機械的に執行し、人に遵守させるため、仕組みを利用する顧客は第三者を信用する必要がなくなるのです。

ビットコインを「会社」として考えてみれば分かりやすい

DACを解説していくにあたって、「ビットコイン」を会社として考えれば、とても分かりやすく解説していくことができます。

ビットコインを会社として考えると、ビットコインは「ビットコインという名前の仮想通貨の送金サービス」を提供しており、送金するにあたり一定の手数料をチャージして利益を出していると考えることができます。

ビットコインでは「マイナー」と呼ばれる従業員を雇い、ブロックチェーンというインフラを保ってもらい、その報酬として従業員に給料を支払います。

このような目線で見ていくと、ビットコインのシステムは今のところ人を介さずに完全に自立した形で会社のように成り立っています。そのためビットコインは世界初のDACであると言えるのです。

しかし、残念ながらビットコインには決定的な欠陥があります。それは会社としての収益が慢性的にマイナスであるということです。ビットコインでは経費の方が利益より高いので、損失を垂れ流し続けていて、今後も損失を出し続けてしまうのです。

マイナーの給料が今後徐々に減っていくことが確定していたり(最大供給量が決まっているため報酬が徐々に減るようにシステムがプログラミングされている)、取引手数料がいまよりも大幅に増加してもその分インフラを保つのが難しくなるのが確定しているため(proof of workアルゴリズムを使っているため)マイナーがビットコインのインフラを保つインセンティブがどんどんなくなっていきます。

そしてマイナーがブロックチェーンのインフラを保てなくなったら、ビットコインはDACとして自立できなくなるため、やがて潰れてしまう可能性があるのです。

BitSharesはビットコインよりもDACとしては優秀

ここでBitSharesの開発者達はビットコインのモデルを基礎とし、ここに利益を出せるような仕組みを作り、永続的に保ち続けられるDACを作りあげようではないかと考えました。

そこでBitSharesはシステムとしてマイナーを無制限に雇うのはやめました。

代わりに一定数のwitness(証人)を雇ったわけです。どうやって雇ったかというと、BitSharesには投票システムが組み込まれているので、BTSを保有するshareholders(BitSharesを会社に例えたとしたら、BTSという仮想通貨を持つ者はBitSharesの株主であると言える)達が投票でwitnessを選出したのです。

BitSharesはwitnessにブロックチェーンというインフラを保つという仕事が与え、仕事をすれば給料を支払い、仕事をしなければ即時クビにするという仕組みを作りました。

雇ったWitnessに対して給料を支払えば良いだけなので、ビットコインのように無制限に経費を垂れ流し続けるといったことはありません。

株主達はwitnessをクビにしたら、投票で別のwitnessを雇うことができるので、witnessが減っても簡単に補填することができます。

また、能力のある者はbitsharestalk.orgなどの場でBitSharesの開発を申し出て、shareholdersが許可さえすれば、ブロックチェーンがあなたを開発者として雇ってくれることがあります。

ブロックチェーンに雇用されたら、それぞれの者が自分の仕事を遂行し、契約通りの貢献をすれば給料が支払われ、たわければ即刻クビになります。

BitSharesではこのようなシステムを組んだため、雇われた社員は真面目に仕事をするようになったわけです。

ブロックチェーン・テクノロジーを応用して、機械のように自動的に回る会社、DAC、が出来上がったのです。

BitSharesの収入源

ではBitSharesを会社として考えれば、BitSharesはどのようなサービスを提供しているかというと、ビットコインと同じように「仮想通貨の送金サービス」をユーザーに提供し、送金手数料で利益を上げています。

その他にもBitSharesは非中央集権型取引所が付属しており、取引所を利用した際に発生する取引手数料はBitSharesの収入源になります。つまり、BitSharesの非中央集権型取引所のユーザーが増えれば増えるほど、BitSharesがDACとして利益がアップすることになるのです。

現にBitSharesでは取引量が日々増えていっているので、BitSharesの利益に繋がっているのです。

これらの利益を使えば、witnessに給料を支払い続けることが可能になり、インフラを永続的に保つことができます。BitSharesは「自家発電を永久に続けられる仕組みを見つけた」と言えるのです。

大切なのは、BTS保有者、witness、BitSharesの利用ユーザーの全てがwin-win-winの状態にあるため、ビットコインのような赤字続きのDACではなく、黒字を出すDACとして永続的に存在し続けることができるようになったということです。

まとめ

機械により自動的に運営されていく会社のような仕組み、それがDACなのです。

BTS保有者達が株主としてルールを決め、ブロックチェーンがそのルールを執行し、そのルールを誰に対してもイコールに遵守させます。契約は改変されることはなくなるので、中央集権モデルのように一部の人達だけが得をするアンフェアな世界はそこにはありません。

機械にルールの執行を任せることで、ズルをしようとする人間を排除することが可能になったのです。

コメントを残す