ビットシェアーズ内のスマートコインをなぜショートする人が存在するのか

この世にはBitUSD/BTS市場でBitUSDをショートしたい人がいます。

なぜBitUSDをショートしたいのでしょうか。

理由は簡単で、彼ら・彼女らはBTSの価格上昇に興味のある投機家だからです。

市場から新たにBTSを購入するのではなく、既に保有しているBTSを使ってBitUSDをブロックチェーンから借り、借りたBitUSDをBitUSD/BTS市場等でショートして、BTSの価格が狙い通り上がったところで利益確定すれば、BTSの保有量を増やせるからです。

そうです、彼らの最終目標はBTSの保有量を増やすことなのです。

ポイントとしては自分の資金を新たに投入することなく、既に保有しているBTSを使って利益を出そうとしているというところです。つまり、これは言い換えればレバレッジを使って利益を狙っているのと同じです。

BTSを預けBitUSDを借り、BitUSDを市場でショートするという行為は、実質BTSをロングしているのと意味は同じです。ただ、BTSを証拠金にしてBitUSDを借りて市場で売るわけですから、いつか必ずBitUSDを市場から買い戻さなくてはいけません。

思惑通りBTSの価値がドル建てで上がれば、BitUSDを借りた時より安く買い戻すことができるので、決済した時にBTS保有量を増やすことができます。

逆に、BTSの価値がドル建てで下がってしまえば強制決済に遭う可能性が高まり、価格が下がり過ぎたらブロックチェーンによりポジションが強制決済されてしまい、ポジションに入る前よりもBTS保有量が減ってしまうのです。

したがってBitUSDをショートするのは自分のBTSを担保として信用取引をやっているのと同じだと言えます。ただマージンコール(強制決済)がブロックチェーンにより自動的に制御されているので、人間が介入する必要がない新時代の信用取引だと言えるのです。

これからは、信用取引をするためにブローカー(人間が運営している取引所など)を通す必要はない時代になってしまったのです。

コメントを残す