おすすめのビットコイン・ウォレットは何か

今回は購入したビットコインをどのビットコイン・ウォレットに保管すれば良いか、私が使った中でおすすめできるウォレットだけを紹介していきます。

私は基本的にiOSユーザーなので、iPhoneで使えるウォレットをいつもおすすめしています。モバイル対応のクライアント型のHierarchical Deterministic (HD)ウォレットならば、パソコンを持ち運ばなくても気軽にビットコインを持ち歩くことができますし、最悪ウォレットをなくしても、別のデバイスに同じウォレットを再インストールしてウォレットを完全に復活させることができるからです。

では、私がおすすめするビットコイン・ウォレットを紹介していきます。

Bread

breadwallet
「Bread」はiOS用のオープンソースなウォレットです。

Bitcoin.orgによると中央型の認証方法は取っていないようです。またプライベートキーはデバイスの外には出ないようになっているので、セキュリティの観点で言えばdecentralized wallet(非中央集権型のウォレット)だと言えるでしょう。

breadwallet_bitcoinorg

オンラインウォレットサービスのようにサーバーがダウンしている、またはハックされている間は使えないと言う心配がないのがこのアプリの最大の良い点だと言えますね。

しかし、個人的には残念な点が1つあります。

それは、Breadはしばらくアプリを開かない期間があると、「Syncing」と画面上部に表示され、Syncが終わるまで待たないといけないところです。

この点以外はとても安定した素晴らしいアプリと言えるでしょう。

Airbitz

airbitz-icon

最近はBreadよりもAirbitzの使用頻度が確実に上がってきています。BreadのSyncingの表示に待たされるのがちょっと嫌になってきたというのが正直なところです。

Airbitzの良いところは何と言っても、一つのアプリ内で新しいウォレットをポンポン作っていけるところだと言えるでしょう。Aさんとやり取りをするときはWallet Aを使って、Bさんとやり取りするときはWallet Bを使おうということが簡単にできるのが重宝しています。

Breadで同じことをやろうとすると、「start/recover another wallet」を選択してウォレットを切り替えないといけないので多少面倒な作業が発生してしまいますが、Airbitzの場合はその作業が発生しません。

Airbitzは難点という難点は見つかりませんが、強いて言えば、下記の部分が気になる人には気になるかも知れません。

airbitz
画像: Airbitz.coのFAQページから

Airbitzではユーザー名・パスワードを使ってpublic keyとprivate keyのデータを暗号化していますが、この暗号化されたデータが「peer-to-peer cloud servers」にアップロードされているということがFAQページに明記されています。Airbitzが暗号化されたデータを解読することはできないとも併せて明記されていますが、人によっては暗号化されたデータがどこかのクラウドサーバーに上がっているということに対して不快に思う方もいるかも知れません。

そのような方はBreadを使って頂いて、それが全く気にならない方はAirbitzを使えば良いでしょう。私の場合はこの点はさほど気にならないので、Airbitzをガンガン使っています。ユーザーインターフェイスもしっかりしていますし、かなり使い勝手の良いシステムだと言えるでしょう。おすすめです。