法定通貨を仮想通貨化した「Tether」

Tetherは法定通貨と一対一の価値を持ちながら、ビットコインのブロックチェーン上で稼働している仮想通貨です。

例えば、1USDT(Tether USD)は常に1USD(米ドル)と同じ価値を持ちます。また、Tetherは複数の法定通貨に対応しているので、USDだけに限らず、EuroやYenバージョンもあります。

ブロックチェーンで稼働しているということは、銀行を介さずに法定通貨を他人、国家間であってもローコストで送付(送金)することができるということです。

仮想通貨でありながら、法定通貨の安定度を誇るという意味では、実質BitUSDなどと同様の使い方が想定できます。(法定通貨とのペッグの保ち方は通貨によって異なるので、それぞれの仮想通貨のペッグの仕組みについては理解しておきましょう。)

Tetherのペッグの保ち方

いま市場に出回っているTetherは全て法廷通貨でbackingされています。Tether Limited(香港にあるTetherの運営会社)がユーザーからフィアットを預かったら、同額のTetherを発行します。逆にユーザーがTetherをフィアットに換金するとき、換金した分のTetherは破壊されます。つまり、Tether Limitedが保管しているフィアットのリザーブ(Tether Limitedの銀行残高)と市場に出回っているTetherの値は常に一致するということです。これがTetherのフィアットとのペッグの保ち方です。

Tether Limitedはリザーブの状態を日々公開しているので、「リザーブのレポートを見てsolvency(支払い能力)があることを信用してくれ」と言うスタンスを取っています。これをTether LimitedはProof of Reservesと呼んでいます。これは、リザーブをオープンに公開することで支払い能力をユーザーに証明しようとしているのです。

Tetherのリスク

Tetherは一つの会社がリザーブを管理していることから、カウンターパーティ・リスクは存在します。

・Tether Limitedが潰れる可能性がある
・Tether Limitedが利用している銀行が潰れる可能性がある
・Tether Limitedが利用している銀行が資金を差し押さえる可能性がある
・Tether Limitedが資金を持ち逃げする可能性がある

このようなことから、リスクを無視して盲目的に利用するのはいけません。Tetherを利用するなら、それに伴うカウンターパーティ・リスクをあらかじめ理解した上で賢く利用しましょう。

カウンターパーティ・リスクがなく、なおかつ安定した価値の仮想通貨をお探しなら..

ここまでお読みになったら分かって頂けたと思いますが、Tetherは便利な反面、カウンターパーティ・リスクが存在するので、資産の大部分をTetherで持つにはリスクが高すぎるということが挙げられます。

では、Tetherと同じように「ドル」にペッグしている通貨で、カウンターパーティ・リスクのない通貨に交換したい場合はどうすれば良いかというと、bitUSDに交換することをおすすめします。

bitUSDはBitShares内で流通するドルにペッグしている仮想通貨で、1 bitUSDは1 USDとして考えることができます。

資産をbitUSDに交換しておけば、Tetherよりもリスクは低いですし、ビットコインの価格下落時にヘッジをすることもできるので非常におすすめです。

bitUSDを手に入れるには、まずはBitSharesにアカウントを作り、BTC/bitUSD市場でトレードすることで手に入れることができます。