レーベルに進化しました。

ビビンバ

この記事は約1分で読めます。

ビビンバは、韓国を代表する料理の一つで、混ぜご飯を意味します。韓国語で「ビビン」は「混ぜ」、「バ」(または「パプ」)は「ご飯」を意味しています。主な特徴は以下の通りです:

  1. 丼や石焼の器にご飯を入れ、その上に様々な具材を彩りよく盛り付けます
  2. 一般的な具材には、ナムル(野菜や山菜の和え物)、肉、ぜんまい、なます、卵などがあります
  3. コチュジャン(唐辛子味噌)やごま油などの調味料をかけて、スプーンでよく混ぜて食べます
  4. 家庭料理としても人気があり、簡単に作ることができます
  5. 「石焼ビビンバ」は、熱い石の器で提供され、おこげを楽しむことができます
  6. 具材のバリエーションとして、「ユッケビビンバ」(生の牛肉を使用)や「ヘムルビビンバ」(海鮮系)などがあります

ビビンバの起源については諸説ありますが、祭祀の際の習慣や、年末に残った惣菜を新年に持ち越さないための工夫から始まったという説などがあります。1998年には、大韓航空が機内食として提供したビビンバが「世界最高の機内食賞」を受賞し、世界的に知られるようになりました

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする