レーベルに進化しました。

デジクッパ

この記事は約2分で読めます。

テジクッパは、韓国の釜山地方を代表する郷土料理の一つです。その名前は韓国語で「テジ(豚)」「クッ(スープ)」「パ(ご飯)」を組み合わせたもので、直訳すると「豚のスープご飯」という意味になります。主な特徴は以下の通りです:

  1. 材料と調理法:
    • 豚の骨と肉を長時間煮込んで作った濃厚なスープが基本です
    • このスープにご飯と茹でた豚肉を入れて提供されます
  2. 味わい:
    • シンプルで素朴な味わいが特徴です
    • スープは豚の旨味が凝縮されており、栄養価も高いとされています。
  3. 食べ方:
    • 一般的には、ご飯がスープの中に入った状態で提供されます
    • ニラやコチュジャンベースの薬味、アミエビの塩辛などを加えて味を調整しながら食べるのが一般的です
  4. 文化的背景:
    • 釜山市民のソウルフードとして親しまれており、朝昼晩を問わず食べられています
    • 釜山の西面(ソミョン)エリアには「テジクッパ通り」と呼ばれる専門店街があるほど人気があります
  5. 歴史:
    • 1950年代に牛肉が手に入りにくかった時期に考案されたという説が有力です
    • もともとは韓国南部の釜山、大邱、密陽の3地域で異なる調理法で発展し、それらが融合して現在の形になったとされています

テジクッパは、その素朴な味わいと栄養価の高さから、地元の人々に愛されるだけでなく、観光客にも人気の料理となっています。釜山を訪れた際には、ぜひ一度味わってみる価値のある郷土料理です。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする