レーベルに進化しました。

グランジ

この記事は約2分で読めます。

ランジ(Grunge)は、音楽のエフェクトや音楽ジャンルとして知られています。主に1980年代後半から1990年代前半にかけて人気を博したロックミュージックのサブジャンルですが、そのサウンドは今日でも音楽制作やエフェクトとして使用されています。

グランジの特徴

  1. 音質:
    • 歪んだ、ざらついた音質
    • ローファイ(低忠実度)なサウンド
    • 「汚い」または「生々しい」と表現されることが多い
  2. 楽器:
  3. ボーカル
    • 感情的で生々しい歌唱
    • 時に叫ぶようなボーカルスタイル

グランジエフェクトの作り方

  1. ディストーション
    • ギターやベースに強めのディストーションをかける
    • オーバードライブペダルやファズペダルを使用
  2. EQ調整:
    • 中音域を強調し、高音域をやや抑える
    • 低音域は状況に応じて調整
  3. コンプレッション
    • 楽器全体にコンプレッションをかけて音を詰める
  4. リバーブ
    • 控えめに使用し、生々しさを保つ
  5. テープサチュレーション
    • アナログテープの特性を模倣し、温かみのある歪みを加える

グランジエフェクトは、完璧さよりも感情や生々しさを重視するため、適度な「不完全さ」や「荒さ」を意図的に作り出すことが重要です。現代の音楽制作では、デジタルプラグインを使用してこれらのエフェクトを再現することも一般的になっています。