閑散に売りなし

閑散に売りなしとは、株価が下がり横ばい状態が続き出来高が少なくなっている、いわゆる閑散相場の状態の時には、たいていの人は嫌気をさし持ち株があれば投げ出したくなるものだが、そういう時は保有株を売るものではないという格言のこと。

こうした相場状況ではすでに売り尽くしの状態であることが多いため、わずかな材料で相場が急反発することがある。だから、閑散相場の時には次にやってくるチャンスを待った方が良いという教えなのだ。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら