レーベルに進化しました。

MIDIトラック

この記事は約2分で読めます。

MIDIトラックは、デジタル音楽制作ソフトウェア(DAW)内で使用される仮想的な「レーン」のことです。これらのトラックには、楽器の演奏情報がMIDI(Musical Instrument Digital Interface)データとして記録されます。

MIDIトラックの主な特徴

1. データ形式

  • MIDIトラックには音声データではなく、演奏情報(ノートオン/オフ、ベロシティ、ピッチベンドなど)が記録されます。
  • このデータは軽量で、編集が容易です。

2. 柔軟性

  • 録音後でも、音程、タイミング、ベロシティなどを自由に編集できます。
  • 異なる楽器音源に同じMIDIデータを適用することが可能です。

3. 多様な表現

  • ピアノロールエディタを使用して、細かな演奏表現を入力できます。
  • コントロールチェンジやエクスプレッションなどのパラメータを使って、演奏に表情をつけられます。

4. 省メモリ

  • オーディオデータと比較して非常に小さいファイルサイズで済みます。

5. 楽譜への変換

  • MIDIデータは楽譜に変換することが可能です。

MIDIトラックの活用

MIDIトラックは以下のような場面で特に有用です:

MIDIトラックを使いこなすことで、効率的かつ創造的な音楽制作が可能になります。