レーベルに進化しました。

パラメトリックイコライザー

この記事は約1分で読めます。

パラメトリックイコライザー(パラメトリックEQ)は、音楽制作や音響処理において非常に重要なツールです。これは、音声信号の周波数特性を詳細に調整するために使用される高度なイコライザーの一種です。

パラメトリックイコライザーの特徴

  1. 周波数の選択性:特定の周波数を正確に選択して調整できます。
  2. 帯域幅(Q値)の調整:影響を与える周波数範囲の幅を制御できます。
  3. ゲインの調整:選択した周波数帯域の音量を増減できます。

主な用途

  1. 音質の改善:不要な周波数を削減し、望ましい周波数を強調します。
  2. 楽器の音色調整:各楽器の特性に合わせて周波数バランスを最適化します。
  3. 問題の修正:ハム音やノイズなど、特定の周波数の問題を解決します。
  4. クリエイティブな音作り:音の特性を大きく変えて、独特な音色を作り出します。

パラメトリックEQと他のEQの違い

  • グラフィックEQ:固定された周波数帯域のみを調整
  • シェルビングEQ:高域または低域全体を一括で調整
  • パラメトリックEQ:周波数、帯域幅、ゲインを自由に調整可能

パラメトリックイコライザーは、その柔軟性と精密さから、プロフェッショナルな音楽制作や音響エンジニアリングにおいて欠かせないツールとなっています。