レーベルに進化しました。

Pre-Fader

この記事は約2分で読めます。

Pre-Faderとは、音楽制作やオーディオ信号処理において重要な概念です。主にミキシングコンソールやデジタルオーディオワークステーション(DAW)で使用される用語で、信号の流れやルーティングに関連しています。

Pre-Faderの基本概念

Pre-Faderは、直訳すると「フェーダーの前」という意味です。オーディオ信号の流れにおいて、フェーダー(音量調整スライダー)よりも前の段階で信号を取り出すポイントを指します。

Pre-Faderの主な特徴

  1. 音量調整の影響を受けない:
    Pre-Fader信号は、チャンネルフェーダーの位置に関係なく一定のレベルを維持します。
  2. エフェクト処理:
    Pre-Faderセンドを使用すると、チャンネルの音量に影響されずにエフェクトを適用できます。
  3. モニタリング:
    ライブ音響やレコーディングで、メインミックスとは独立したモニターミックスを作成する際に有用です。

Pre-Faderの用途

  1. エフェクトセンド:
    リバーブディレイなどのエフェクトを、チャンネルの音量変更に影響されずに一定量送ることができます。
  2. ステージモニター:
    ライブパフォーマンス時に、演奏者用のモニターミックスをメインPAとは別に調整できます。
  3. レコーディング:
    マルチトラックレコーディング時に、各トラックの録音レベルをミックスの音量とは独立して設定できます。
  4. バックアップ録音:
    ライブ収録時に、メインミックスとは別に各チャンネルの信号を個別に録音する際に使用されます。

Pre-Faderの概念を理解し適切に活用することで、より柔軟で効果的な音楽制作やライブ音響のセットアップが可能になります。