レーベルに進化しました。

リリースタイム

この記事は約2分で読めます。

コンプレッサーリリースタイムは、信号がスレッショルドレベルを下回った後、ゲイン減衰が解除されるまでの時間を指します。これは、コンプレッサーの重要なパラメータの一つです。

リリースタイムの機能

  1. 圧縮効果の持続時間制御:信号がスレッショルドを下回った後、どれくらいの速さで元のレベルに戻るかを決定します。
  2. サウンドキャラクターの形成:リリースタイムの設定により、音の余韻や減衰の特性が変化します。

リリースタイムの設定

  1. 短いリリースタイム:
    • 素早く元のレベルに戻ります。
    • パーカッシブな音や短い音に適しています。
    • 過度に短いと、歪みや「ポンピング」効果を生じる可能性があります。
  2. 長いリリースタイム:
    • ゆっくりと元のレベルに戻ります。
    • 持続音や長い音に適しています。
    • 過度に長いと、次の音にも影響を与え、不自然な圧縮感を生じる可能性があります。

リリースタイムの活用例

  1. ドラムス:短めのリリースタイムで、パンチ感を維持しつつ、サステインをコントロール。
  2. ボーカル:中程度のリリースタイムで、自然な抑揚を保ちながらレベルを均一化。
  3. ベース:やや長めのリリースタイムで、低音の一貫性を保ちつつ、音の輪郭をシャープに。
  4. 全体のミックス:長めのリリースタイムで、全体的な音圧を上げつつ、ダイナミクスを保持。

リリースタイムは、アタックタイムレシオ、スレッショルドなど他のパラメータと相互に作用するため、これらとのバランスを考慮しながら調整することが重要です。適切なリリースタイム設定は、自然で音楽的な圧縮効果を得るために不可欠です。