レーベルに進化しました。

セミトーン

この記事は約1分で読めます。

セミトーン(半音)は、西洋音楽の最小の音程単位です。2つの隣接する音の間の最小の間隔を指します。

セミトーンの特徴

  1. 平均律では、1オクターブを12等分した1つの単位がセミトーンです。
  2. ピアノの鍵盤では、隣り合う鍵(白鍵と黒鍵、または白鍵と白鍵のE-F、B-C)の間隔がセミトーンに相当します。
  3. ギターのフレットボードでは、1フレット分の間隔がセミトーンです。

音楽制作におけるセミトーンの重要性

  1. 和音構成:多くの和音はセミトーン単位で構成されています。
  2. メロディー作成:セミトーンの理解は、スケールやモードの構築に不可欠です。
  3. 調性:調号や転調を理解する上で、セミトーンの概念は重要です。
  4. 音程:他の音程はセミトーンの数で定義されます(例:長3度は4セミトーン)。

デジタル音楽制作でのセミトーン

  1. MIDIでは、セミトーンは1ノートナンバーに相当します。
  2. ピッチベンドやチューニングの調整にセミトーン単位が使用されます。
  3. 多くのDAWシンセサイザーでは、セミトーン単位でピッチを調整できます。

セミトーンの理解は、和声学、作曲、編曲、そして音楽制作全般において基礎となる重要な概念です。