現物

取引の対象となる実際の商品のこと。実物と代金を交換して実物を取引することを「現物取引」と言います。ビットコイン現物取引と言えば、「ビットコインそのもの」を取引していることになります。

別の形態でビットコインの「先物取引」やビットコインの「信用取引」などがありますが、これらは取引形態は「契約」や「約束事」を取引しているわけであって、実物を取引しているわけではないので、区別されています。