カテゴリー
仮想通貨

BRDにiCloud Recovery Phrase Backupが追加。

iPhoneのBRDウォレットにiCloud Recovery Phrase Backup機能が追加されたようです。

カテゴリー
仮想通貨

BRDウォレットにUSDTが追加。

BRDウォレットにUSDTが追加されました。

BRDのブログ (https://brd.com/blog/tether-live)によると、

ERC-20 versionであるとのことでした。

つまり、Ethereumトークン型のUSDTのサポートになります。

カテゴリー
仮想通貨

まだないLibraの使い道

まだないLibraがある未来を想像してみる。

コンビニでパン買う時、iPhone取り出して、Libraアプリ開いて、「Libraで」って言って、かざすと「チャリーン」って言って、Libra決済ができる。

Amazonで物を買う時、カートで決済をLibra払いにして、自分固有のLibra IDかなんかを入れて、決済すると、デビットカードのように、使った分のLibraが即座に引き落とされる。

Spotifyでそれぞれのアーティストページには「Libraで寄付ボタン」があって、好きなアーティストにLibra建てで直接お金を寄付することができる。

YouTubeで誰かのライブストリーミング配信を見てる時、「この人に投げ銭したいなー」ってなったら、Libra払いで今すぐに投げ銭できる。

iPhoneでiMessageで友達や家族に、Libra Payでお金を送ることができる。「こないだありがとねー!」みたいなメッセージ付きにすることもできる。

旅行で米国に行っても、カナダに行っても、台湾に行っても、オーストラリアに行っても、スペインに行っても、イギリスに行っても、両替しないでそのまま食べ物やホテル代をLibra建てで支払える。つまり、現地通貨を持つ意味が減る。

NetflixやHuluの決済手段にLibraがあって、Libraを選択すると、毎月設定したLibraアカウントから自動引き落としされる。

今は2020年9月だけど、こんな感じの未来をなんとなく想像してる。


[番外編]
今から書く機能はLibraの機能とは違うかも知れないけれど、「使用期限付きマネー」を送受信できる未来も想像できちゃう。ポイントに使用期限があるように。

例えば、国がベージックインカムを国民に配る時、「使用期限付きマネー」にするわけさ。

例えば、10万円を全国民に配りますってなった時に、「この10万円は3ヶ月以内に使わないと、使えなくなるマネーになる」みたいなフラグがついてたりして。

だから、人々には国からもらったお金を貯金するという考えが起こらなくて、それを使って食べ物を買うとか、家賃の足しにするとか、何かしらのものに使うことになる。

どうかな?ありえるよね〜。

———–

そう考えたら、ベネズエラみたいな超インフレしてしまった国にもLibraが浸透して欲しい。

そうなったら、価値の安定した世界通貨を使って、国を立て直すようなこともできると思うんだ。

そう思った。

カテゴリー
仮想通貨

ポルノサイトの支払いに仮想通貨

Coinpostの記事を見て、思ったこと。
https://coinpost.jp/?p=138663&from=in_article00

それはやっぱり「仮想通貨はエロとか、人に見られたくない支払いにはよく使われるよね〜」って話。

だって、ポルノサイトの有料版に登録したくても、クレジットカードの請求書に「Pornhub」とか書いてあったら、

それを見た奥さんは怒っちゃうもんね。

だから、ひっそりとビットコイン払いをする世の男性の気持ちがよく分かる。

結局、ビットコインライトコインにはそういう側面があるということ。

だから、「ビットコインって投機して儲けるってこと以外にベネフィットはないんですか?」

って聞かれたら、

「ポルノサイトの支払いに使えるよ」

ってその人に言ってあげると、

「おおおおおお!なんと!それは素晴らしい!」と言う回答が来るわけです。

うけるよね。

自分を含めて、「人間ってまだまだ未熟だなぁ〜」。

そう思います。

独り言でした。

カテゴリー
仮想通貨

Libraってなんか良いかも。

Libraの何が良いって、

まずはブロックチェーン型ってことですよね。

もちろん、それが大前提。

その後、良いのが、メンバー。

https://libra.org/en-US/association/#the_members

もう、素晴らしいメンバーですよね。

なんか、世界中から同じvisionを持った有志が集まったみたいな。

なんか、見てるだけで感動します。

で、後はね、

発行する形態はどうなるかわからないけれど、

結局Libraの数量は無から発行する形になっていくのかな?

どうなんでしょ?わからないけれど、別に無から発行されても良いよね? (調べたら、Libraコインは、現金または現金等価物と超短期国債が形成する資産リザーブによって裏付けられます。って言うけども、現金とかもそもそも無から作られてるわけだから、無の派生物は無だよね)

「無から刷るなんて!そんなんじゃ価値出ないし、ビットコインの方が良いじゃん!」って言う人もいるけれど、

そうでもないと思ってる。

そもそも今使ってる日本円だって無から刷ってる。

だから価値ないと言えばないよね。

でもみんなが価値があると思えば、その通貨が使える場所ができる。

素晴らしいメンバーが集まって、彼らが一緒に関わっているプロジェクトっていうだけで価値が出るんじゃないかな?

昔は私も「お金を無から刷るイコール裏でやってる悪いこと」等と思っていた時期はありましたが、

いまさら金本位制じゃなくても良いのかな〜って思う。

やっぱり人間は、もはや金(キン)じゃ喜べなくなってきているような気がするんですよ。

金(キン)そのものを持っていてもお腹いっぱいになるわけではないし、

「すごいですね〜」って言われる時代ではなくなってると思うし、

(良い車持っていても、誰も「ヒューヒュー」なんて今の時代では言わないのと一緒)

2020以降の「魂の時代」には金(キン)は別に欲しくないという人が増えるような気がする。

「金(キン)よりもフォロワーくれ!」って人の方が圧倒的に多いんじゃないかな?

まぁ、話は逸れましたが、

「ビットコインの方が良いじゃん!」が違うなーと私が思っているもう一つの理由を挙げておきますね。

それは、ちょっと古い情報ですが、「ビットコインの97%は、4%のアドレスが保有している」というお話。

こんなに分布がかたよってる通貨、そんなに欲しい?

そう思うんです。

供給量が限られてますよ〜、レアですよ〜、価値ありますよ〜、デジタルゴールドですよ〜」

って言われても、

なんかね。

初期の頃にビットコイン掘りすぎでしょ、あんたたち。

そもそもね、価値ってのはね、

無から作り出すことができるんです、すなわちお金は無から作り出すことができるんです。

したがって、保有するのはビットコインじゃなくても良いよね?

って話になるんです。

ビットコインはあくまでもブロックチェーンをこの世にイントロデュースさせるための代物であって、

これからは進化系のブロックチェーン型通貨で良いんじゃね?

そう思うのです。

ちゃんちゃん

カテゴリー
仮想通貨

Libra、いつから始まる?

日本では2024年に新札が発行されるとか、

でも、その前に合成覇権通貨がやってくるとか、

色々な話を聞きますが、

じゃ合成覇権通貨には何が使われるんだろう?

って考えた時に、

私は「Libraじゃね?」ってなったわけです。

じゃ、そのLibraはいつ始まるのか?

今現在Libraについてのアップデートはあまり見ませんが、

ちゃくちゃくと水面下で準備が進んでいるのかも知れませんね。

コロナは実は単なる疫病の蔓延ではなくて、

実は世界の仕組みそのものを変えるためという話もあります。

世界の仕組みそのものを変えるということは今の金融の仕組みを変えるということです。

米国や日本の無制限の金融緩和によって世界の株価等はコロナが始まる前に戻っていたりしますが、

こうやってお金をジャブジャブの状態にするのにも限界があると思っています。

実体経済と株価はもう連動なんかしていなくて、

超、超、超かけ離れているわけです。

資本主義に利子(信用創造)という仕組みがある以上、業績は右肩上がりに成長していくしかなくて、

でも物を実際に生産したり、それを消費したりする人間の数には上限があるので、

一生業績を上げていくということはそもそも無理な話なのです。

だからこそマーケットはたびたびクラッシュするのですが、

次起きるクラッシュはリーマンショックの比ではないわけです。

「今回で資本主義を脱する」と言えば語弊があるかも知れないけれど、

資本主義の次(または資本主義を進化させた)の何らかの新しい仕組みになるはずです。

そこで合成覇権通貨として、Libraが選ばれる可能性もあるよね?

って私は勝手に思っちゃうわけです。

リーマンショックの時、金融の中でパワーがある人たちは資本主義に「延命処置」を施したので、

今延命装置がついた状態で生きているわけですが、

これもね、無制限の金融緩和ということをやることによって、

いつかね、臨界点を突破したら、

どどどん!

と、大きく変わる。

でも「どうやって変わる」とか「こう言う風に変わる」というのは具体的にはまだ分かりません。

なぜならこれはまだ私たちが見たことのない世界だから。

さぁ、Libraくるか?

くるのか?

果たしてくるのか?

どうなるのか?

気になるよ、2020年9月。

カテゴリー
ニュース

Slack閉じました。ごめんなさい。

メルマガに登録してくれている皆さんにSlackへ招待しましたが、

Slackの使い心地がいまいち想像とは違ったので、

閉じることにしました。

ごめんなさいね。

ご理解ください。