に投稿 コメントを残す

過去記事は消さない方が良いのかも知れないと思った。

以前は過去記事を消した方が良いと思っていたんです。

それは、過去記事ってSEO的にも良くないとか、

情報が古くて使えなくなったりとか、

自分の考え方が進化して、見解が変わったりしたら、過去記事は今の考え方とぶつかったりして良くないとかね。

色々な声が聞こえてきた。

でも、思ったんです。

「生きていたら絶対に考え方って変わっていくよな」って。

だからいちいち自分の考え方が変わったり、進化する度に過去記事を消していたら、

後から振り返ってみた時に、そのブログには記事が残らないじゃないかって。

古くなるような記事が書けなくなって、

だから書きたいことが書けなくなって、

だからブログを書くのがおろそかになって、

結局ブログを放置するようになって、

でも心の中の書きたい願望がくすぶっていて、

その願望は止められなくて、

書かないとそれが解消されなくて、

でも「書いてもいつかまた消すんでしょ」みたいな卑屈な考え方になって、

これが続くわけです。

だから、ある時決めたんですよね。

「考え方変わろうが前の記事はそのまま残しておいても良くね?」と。

SEOがどうとかこうとか知らないっす。

ブログって何のためにやってるの?

過去のログをいちいち消して、ログがなくなったら、ブログじゃなくなるよね。

結局は自分の書きたい願望を抑えてしまうくらいなら、

そんなことやらない方が良い。

書いて書いて書きまくれば良いんじゃないかな?

コメントを残す