仮想通貨取引所の知識

アルトコインで信用取引をする方法

ビットコイン取引では現物取引信用取引先物取引と複数のオプションが用意されていますが、アルトコイン取引は基本的に現物取引が主流です。

しかし、アルトコインショートしたり、レバレッジをかけて大きく取引したい、というトレーダーもいると思います。

そう思っているトレーダーはアルトコイン信用取引が利用可能な取引所にアカウントを開設して、信用取引のサービスを利用すれば良いのです。

アルトコインの信用取引が利用できる取引所

私がおすすめするアルトコイン信用取引が利用できる取引所はPoloniexです。

Poloniexでは現物取引信用取引の両方が利用可能です。

Poloniexではアカウント上のウォレット(財布)が分かれていて、勘定が別になっています。

Exchangeと書かれているウォレット現物取引用のウォレットで、Marginと書いてあるウォレット信用取引用のウォレットになります。Lendingというウォレットもありますが、そちらはビットコインを貸し出すことで金利を得ることができるサービスになります。

Poloniexが指定したアドレスに資金(ビットコインアルトコイン建て)を転送したら、最初はExchangeウォレットに入金されるので、その資金をMarginウォレットにTransferを行えばMarginウォレットに資金が転送されます。(Transferは1秒でできます)

Marginウォレットに転送完了すれば、信用取引が利用可能になります。

信用取引が利用できるアルトコインは人気の高いコインだけ

信用取引が取引可能なアルトコインは人気が高いコインに限られています。

流動性がないアルトコイン信用取引を可能にしてしまったらトレーダーにとってもリスクも高くなりますし、場合によっては決済が困難になる場合もあるので、当然と言えば当然ですね。

私が思うに、取引自体は信用取引が利用できるアルトコインの中でも、流動性が高いものに限定しておいた方が良いと思います。流動性がないコインで信用取引をした場合、決済するときにスリッページ約定価格が思っている価格より悪くなること)が発生しやすくなるからです。

マージンコールにヒットしなくても、一回の負けで大きく資金を減らしてしまう可能性があるからです。

まとめ

ショートレバレッジなど、うまく使いこなせるのなら下げ相場やレンジ相場でも大きく利益を出せるようになるので、時間や資金の効率は良くなります。

しかし、それに伴うリスクを正しくコントロールできそうにないのなら、信用取引は無理して利用せずに、現物取引にとどめておいた方が良いでしょう。

-仮想通貨取引所の知識