Categories: 仮想通貨

AMM Liquidity Providerのブームが起きてる理由を私なりに考えた。

最近はAMM a.k.a. liquidity pooling & miningが流行っている理由を考えてみた。

それはね、トークンが爆発的に増えてきて、そのトークンを効率よく交換するための需要ができたからだと考えてる。

・ひとつのERC20トークンから別のERC20トークンに「安く」変えたい。

・またはひとつのBEP20トークンを別のBEP20トークンに「安く」変えたい。

こういう需要が急激に増えてきたんだよね。

トークンによっては大きな取引所では扱っていないけど、「いつでもどこでもスワップしたい、しかも手軽に。」こんな感じに思ってるユーザーがいるんだよね。

人によっては、「取引所に登録する時のKYCって面倒だなぁ〜、DEXでなんとかKYCなしでできないかなぁ〜」って思ってる人もいるかも知れない。マネーロンダリングがなんちゃら〜とか、これは良いことだ悪いことだとかの話は別にしてね。

こういう風に思っている人達は確かにいるってことなんだよね。

というわけで、上記のような氣持ちを持ってるユーザーが多いということになる。

それにね、これだけの数のトークンがあったら、ひとつの業者が全てのトークンペアに対して「仮想通貨交換業社」になるには限界があるわけ。

だから、「みんなの力が必要だ!」となったわけ。

でも、みんなに「トークン貸してよ〜」って言った時に「いいよ!」ってなるためには貸す側にインセンティブを出さないといけない。

だから、トークンを貸してくれたら、プールに溜まってるトークンの総量と貸してくれたトークンの量のバランスに応じて、実際に交換が起きた時に交換手数料をあなたにシェア(キックバック)するよ。

ってDApp制作者は言ったんだよね。

だから、「オッケー。交換手数料をくれるならあなたに貸すよ。」ってなって、DAppの中のプールに対して貸し出すスキームができるようになった。

これが最もシンプルな形態で、Uniswapとかがこういうタイプのスキームなんだよね。

人間の氣持ちを考えたら、Uniswapのようなサービスは自然発生したと考えることができるよね。

で、このスキームにさらに「仮想通貨を借りたい人向け」に仮想通貨の貸し出しのスキームを追加したのがレンディングプラットフォームなんだよね。

既に人氣のあるUniswapみたいなETH系(またはBNB系)のトークンスワップサービスに仮想通貨貸し出しサービスをつけちゃおうぜ!ってなったわけ。

それでさ、「仮想通貨を貸したい人の氣持ちは分かった。でも、そもそも論なんだけど、仮想通貨を借りたいって人はなぜ仮想通貨を借りたいって思ってるの?」そう思う人もいると思う。

私が考えるに、仮想通貨を借りたい人は様々な理由で借りたいと思ってる。

その中でも分かりやすいのが以下だと思う。

それはね、仮想通貨を売らずに新たに仮想通貨を得て、その借りた資金を投資に使う。または借りたお金をさらにプールに貸し出して交換手数料を多く得よう!と思ってるんだよね。

つまり、自転車操業って言えば良いのかな、レバレッジって言えば良いのかな、リスクを取ってでもお金を増やしたいと思ってる人がいるということなんだよ。

こういう自転車操業系の運用方法をしている危なっかしい人は確かにいると思うんだ。

だからレンディングサービスを「ミクロ」のレベルで見ると、投資だし、人によってはリスクを取り過ぎちゃって危なかったりする。

でもレンディングサービスを「マクロ」のレベルで見ると、マーケットに流動性ができることの手伝いをしているということで、「みんなの力が発揮されて」効率良いマーケットが出来上がるということなんだ。

だから、個人レベルで見ると危なっかしくても、全体レベルで見ると、「トークンを別のトークンに変えたいなぁ〜」っていう人々の需要が満たせる。

つまり、ERC20トークンやBEP20トークンを非中央集権的に簡単に(そして良いレートで)交換できる世界が出来上がった。

だから、世界にこうやって自然発生的に非中央集権的トレードができる場所が日々生まれてくるんだよ。

でもね、「中央集権的トレードがなくなるか?」と言ったら、それは違うと思う。

それに、「日本ではKYCなしの取引所なんて許されないんじゃ??」って思う人もいるとは思うけど、

これを日本という国が単体で完全に規制するのはもう無理なステージにまで来てる。(というか、ブロックチェーンの概念が生まれた時点で最初から完全規制するのは無理だったんだけど)

だから「自己責任」の世界が到来してるってことなんだよね。

「日本の仮想通貨取引所はセキュリティも厚くて、補償も厚いけど、その代わりKYCは絶対です」というスタンスで、

「非中央型仮想通貨取引所は自分がセキュリティが良いと思うところを自己責任で選んでもらって、補償はないけど、その代わりKYCはないよ」という感じになるんだよ。

どっちが良い、どっちが悪い、っていう区別はない。

ただ単に考え方の違いから、どっちの世界に行くか選ぶことができるということなんだよね。

全てはあなたが選択できる。

「私は保守的だし、非中央型仮想通貨取引所なんて怖いし、いやだ」って人は中央集権型のサービスを使えば良いし、

「私は意欲的にどんどん非中央型仮想通貨取引所のことを学んで吸収する氣持ちがある。それに国に自分の資産を管理されたくないもんね。」っていう人は非中央集権型を自己責任で使えば良いっていうだけの話。

というわけで、今日は以上。

バイバイ。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

パトロン募集中!

こちら