信用取引・先物取引・短期投資の考え方

信用取引でのナンピンは危険

信用取引では借り物で取引をするため、いつか必ず反対売買が必要になります。

塩漬けにするにしても金利が掛かってきますし、長期保有には適していません。

そのため、現物長期投資のように「放置する」という戦略を取るのが難しくなります。

そのため、信用取引は単純にこれから短期的に価格が上がるのか下がるのかを当てるゲームになってしまいます。価格が上がるのか下がるのかを当てるゲームは投資ではなく投機になります。

投機では確率に基づいた勝負をしなくてはなりません。そのため、価格が間違えた方向に行ってしまったら早めの損切りが不可欠です。つまり、ナンピンは「間違いを認めない行為」として将来的にダメージを受ける行為になるので、非常に危険です。

現物長期投資でのナンピンは戦略的に合理的ですが、信用取引でのナンピンは命取りになります。自分の資金でトレードしているのか、借り物でトレードしているかの差はとてつもなく大きいので、気をつけましょう。