Genx Notes

仮想通貨&トレーディングに関する情報サイトとコンサルティング

LBRY

ソーシャルメディアの検閲との戦い

2019年ももうすぐ終わりです。

先ほどスタバに行ってきましたが、スタバでスマホやノートパソコンを使ってYouTube見てる人がめちゃくちゃいました。

人々は動画を求める時代になったということですね。

ただ、ここまでYouTubeが広まってくると、YouTubeも色々とポリシーを設定しないといけないわけです。

COPPAのように、子供用コンテンツに該当する動画を配信する人は事前に申告して、その動画を見た子供達から個人情報を収集してはいけませんよ、そして子供達にパーソナライズド広告を打ってはいけませんよ、とルールを強化したわけです。

また、違法な情報を伝える動画だったり、違法じゃなくてもグレーな情報を伝えたりする情報、または曖昧な情報だったり、

あまり世間的にはクリーンではない情報の検閲が大々的に始まったわけです。

前から検閲はありましたが、これだけYouTubeの人口が増えたわけですから、検閲に遭う人の生の声を色々なところで頻繁に聞くようになったわけです。

Twitterでも「なぜ私の動画がBanされたのかが分からない。」等と人々は呟いている人達をよく見かけるようになりました。

でも考えてみれば、運営側も大変なんですよね。

健全なプラットフォームを維持するために、「あれはやってはダメですよ、これはやってはダメですよ」というルール作りを厳しくする必要があるわけです。

無法地帯にしてしまうと、ポルノや違法コンテンツやグロやプロパガンダ等の動画を上げまくるユーザーが増えて、サイト全体としてのコンテンツの品質が下がって、プラットフォーム自体がバッシングに遭ってしまうわけです。

だから運営側も動画の内容に目を光らせる。

そして、YouTubeが最近特に検閲を厳しくしている分野が「仮想通貨」なのです。

仮想通貨自体は違法ではないのは周知の通りですが、distruptive technology ということで、仮想通貨界隈の情報って大企業にとってあまり好ましくない情報だったりするために、

検閲に遭う可能性が高まっているのです。

特に海外では仮想通貨チャンネルを制作しているYouTuberの動画の多くがクリスマス前後に大量に削除されました。

あまりにも多くの動画が削除されたため、#YouTubeIsOverと言ったハッシュタグがTwitterではかなりトレンドしていました。

結局YouTube側は「間違いだった」と動画を元に戻す処置をする約束をしたのですが、

未だに動画が削除されたまま元に戻っていないYouTuberも多いと聞きます。

なので、本当は「間違い」ではなかったけれど、あまりにもバッシングが多かったから、ちょっと検閲レベルを下げて復活させられる動画は復活させたけれど、

グレー色が高めの動画はどさくさに紛れてそのまま削除したままという状況になっているのかも知れません。

いずれにしても、この動画の大量削除をきっかけに、仮想通貨界隈のYouTuberの多くは危機感を抱き、

一つのプラットフォームに依存してはダメだということで、代替のフラットフォームを探し始めたようです。

その中でも特に海外のYouTuberの目についたのが、LBRYというサービスです。

LBRYはブロックチェーン型の動画投稿SNSです。

LBRYではYouTubeと同じように動画をユーザーがアップロードでき、ビューワーはYouTubeと同じように視聴することができます。

LBRYにはYouTube Partner Programというプログラムがあり、これを設定すると、何日かするとYouTubeと動画が同期されるようになります。

つまり、YouTubeに動画をアップロードすると、LBRYにも同じ動画が自動的に上がるようになるのです。

もちろん過去の動画も全て全自動でアップされるようになります。

この機能を使って、YouTuber達はLBRYをバックアップとして使うようになりました。

「これで万が一YouTubeにチャンネル毎消されても、私にはLBRYに全てのバックアップが置いてあるから大丈夫」ということなのですね。

それにLBRYではLBC Creditというプラットフォーム内コインがあります。

Coinmarketcapにもリスティングされています。

2019年12月30日現在、Rank 289となっています。

動画コンテンツを置くことでTipでもらえたりするようになるのです。

既に動画コンテンツを大量に持っているYouTuberは新たに作業しなくても過去動画から収益を見込めるようになるわけです。

それに今のYouTubeほど混雑していないため、競争も弱めで自分の動画が上位表示されやすい傾向にあります(これは今だけだとは思いますが。。。)。

それにLBRYプラットフォームでは他人の動画を見たり、フォローしたり、周りの友達にLBRYを紹介したり、ユーザーとしてアクションを起こすことでLBC Creditをもらえるインセンティブが多数用意されていたりします。

ですから、0から始めても、チャリンチャリーンとLBC Creditを稼げるのです。

そういう意味では、これからYouTubeの検閲が強まっていく現在を見ると、LBRYは検閲に強いプラットフォームとしてYouTubeの対抗馬として強くライズしていくことになるでしょうね。

ただ、今度は逆に検閲がないがために、LBRY内には視聴に適さないコンテンツが増えていく可能性が高まりますし、自分で見るべきコンテンツを自制していかなきゃいけなくなります。

見たくもないコンテンツがTrendにあって、「もういやだ!!」ってなるかも知れませんしね。

物事にはどうしても二つの側面(両極)がありますからね。

検閲がある世界 (YouTube)に文句を言っているユーザーが、検閲のない世界 (LBRY)に来たら幸せになれるかと言えば、そうとも限らないわけです。

人によってはYouTubeのように、コンテンツに検閲があった方が健全性が保たれてて良いと思うユーザーもいるわけです。

だから、これからは検閲がある世界と検閲のない世界、両方を体験してみて、どっちの方が好きか自分で決める時代に突入したと言えるでしょう。

どっちもどっち、じゃあなたはどっちが好き?

その答えはあなたには分かりません。

では今日はこの辺で。

-LBRY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。