に投稿 コメントを残す

たった一人の本当の自分に戻る

社会で生きていると、気づかないうちに自分のパーソナリティー(性格)が分裂していることがあります。
例えば、「会社での自分」「彼氏・彼女と一緒にいる自分」「両親と一緒にいる自分」、これら全てを「自分」だと錯覚していますが、実は性格を使い分けている場合があるのです。
「会社での自分」は仕事ができる真面目な人を演じていて、「彼氏・彼女と一緒にいる自分」は虚勢を張って良いところを見せようとしていて、「両親と一緒にいる自分」では立派な大人になった自分を見せようとしている。こんな感じで、パーソナリティーを使い分けていることがあります。
でも、これってよく考えてみると、自分が分裂していることになるので、理想の状態とは言えないのです。
例えばですよ。ショッピングモールで彼氏・または彼女とデートしている最中に会社の上司とばったり出くわしたらどうなると思いますか?彼氏・彼女といるときは虚勢を張る自分を演じていれば良いけれど、会社の上司の前では仕事ができる真面目な人を演じないといけなくなるわけですから、脳がどう対応すれば良いか分からなくなり、混乱してしまうわけです。ショッピングモールにたまたま両親もいて、その場に登場したら、脳はますます混乱してその場をどうやって乗り切れば良いか分からなくなり、思考停止してトイレに逃げてしまうというパターンに陥ってしまうわけです。
こういう生き方をしていると非常に疲れます。なぜならどれも本当の自分じゃないですし、シチュエーションによって対応ができなくなるパターンが現れるからです。これじゃ会社の給料が上がらないのもある意味当然のことだと言えます。可動範囲がとても狭いですし、表面的にしか物事に関われていないことが誰の目から見ても明らかですからね。一番タチが悪いのは、どっちつかずで軸がなく、ぶれぶれな感じが相手にばっちり伝わってしまうので、相手にいまいち信用されない原因にもなります。
ですから、今日からたった一人の本当の自分に戻るという決意をすることが大切です。そうすれば、相手が上司だろうと、彼氏・彼女であろうと、両親であろうと、たった一人の本当の自分が真摯な対応をすれば良いだけですから、迷うことはなくなります。
これを本当の意味で実践するようになったら、人間関係はもちろんのこと、仕事周り、お金周り、全ての歯車がぴったり噛み合うようになり、人生が好転することを感じられるようになります。シンクロニシティが度々起こるようになりますし、人生がいきなり「イージーモード」になったような感覚になります。そろそろ要らない荷物は下におろしてみると良いでしょう。

コメントを残す