ビットシェアーズ内のスマートコインのメリットや使い道

スマートコインBitShares内に存在する暗号資産であり、BTSにより担保されています。
今回はbitJPY(日本円にペッグしたスマートコイン)を例として、スマートコインのメリットや使い道、そしてその可能性について解説していきたいと思います。

bitJPYは価値が安定した暗号資産だから現実的に「使える」

bitJPYの価値を支える仕組みは一般人にとってはやや難解であるものの、bitJPYを使用するユーザーの視点から見ると、別にbitJPYの価値を支えるメカニズムについて知らなくても利用することができます。
インターネットの仕組みを全て知らなくてもネットサーフィンやネットショッピングができるのと同じです。
bitJPYの使い道に関してはある意味ビットコインより分かりやすいかも知れません。何がそんなに使いやすいかというと、既に多くの人が慣れ親しんでいる日本円にペッグしているという事実です。
1 bitJPYはその仕組み上、大体いつも1円と同じ価値を保ち続けています。ビットコインのように価値がジェットコースターのように変動しません。
ビットコインの世界だと1BTCが円に対して変化するので、金銭感覚が麻痺しやすくなりますが、日本円にペッグしていれば、通貨の価値が断然把握しやすくなります。

暗号資産だから銀行システムをバイパスできる

bitJPYはビットコインと同じように暗号資産としての特徴を持つため、ウォレットからウォレットにインターネット経由で簡単に送金することが可能です。
つまり、従来の銀行システムを介さずに、米ドルと同じ価値を持った通貨を世界の裏側の人に送付することができるのです。しかもビットコインとは違って、基本的には一回の確認でトランザクションが完了するので、大体10秒です。ビットコインに比べたらトランザクションスピードは爆速です。
また、銀行のような中央機関に依存しなくて済むのは暗号資産ならではのメリットです。
たとえ金融危機が起きて、ベイルインが実行に移され、銀行の預金封鎖が行われたとしても、暗号資産として持っている限り影響を受けなくなり、あなたは自分の資産を守ることができるのです。

Eコマースや月額課金の決済がやりやすい

マーチャントが暗号資産を受け付けたいと思っても、ビットコイン建てで代金を受け取る場合は
受け取った瞬間に法定通貨に換金しないと、通貨価値が大きく変動して損失が出る可能性があります。
ビットコインなら一日の間に数十パーセントも目減りする可能性があるため、価値を受け取るという用途には向いていません。ビットコインはどちらかというと投資・投機向けです。さらに、ビットコインは仕組み上、第三者機関を通さないと法定通貨への換金を自動化できないので、手数料が余分にかかってしまいます。
しかし、bitJPYを使えば、第三者機関を通さずにお客様と最初から安定した通貨でのやり取りを可能にします。わざわざ法定通貨に戻さなくても最初から法定通貨のように使えます。
ですから、オンライン上での決済のシステムにはとても向いている暗号資産と言えるでしょう。
特に月額課金のサービスでは威力を発揮するでしょう。毎月の支払いにボラティリティがあったらユーザーもマーチャントも困ってしまうので、通貨価値が安定していることで月額課金の決済方法の一つとして受け入れられるのも時間の問題でしょう。

支払い先を間違えにくい

ビットコインアドレスは長い文字列が延々と続くので人間にとってはかなり間違えやすいです。しかも、暗号資産はチャージバック不可なので、間違えて送付したとしてもビットコインが戻ってくる保証はありません。
bitJPYならこの問題を一氣に解決できます。
BitSharesではビットコインアドレスのような長いアドレスに送金するようなことはなく、人間が読めるアカウント名に送金することになります。そのため、送金する前にアカウント名の文字列を確認しやすいと言ったことが挙げられます。
この仕様はユーザーフレンドリーと言えるのではないでしょうか。

居住国に関係なく外貨を保有できる

銀行は基本的に自国の通貨をメインで取り扱います。日本なら日本円が主な取り扱い通貨となります。
仮にあなたが自国の中央銀行が紙幣を刷り過ぎていることで自国通貨がインフレすることを心配していたとしても、自国通貨を外貨に両替して外貨として保有するのは一般の人にとってハードルが高いです。
銀行によっては外貨預金も可能ですが、手数料が高かったり、最低預け入れ金額が高かったり、管理が煩わしいといった点があります。ですから、人によってはわざわざ海外まで行って銀行口座を開設し、資産の一部を外貨建てで保有するような人もいるくらいです。
しかし、BitSharesの世界ではそんなことしなくても簡単に外貨建てで資産を保有することができます。
どの国に住んでいようが、どの国の通貨価値としても保有することができます。スマートコインの中には「bitUSD」と呼ばれる米ドルにペッグしたコインも存在します。
もしあなたがbitUSD/bitJPY市場でbitJPYをbitUSDに換金すれば、bitUSDを保有することができ、これで米ドルを持つこととほぼ同意義だと考えることができます。
FXのアカウントを作る必要ありませんし、好きなときに好きな通貨として保有することができます。

コモディティに交換することもできる

そもそも金本位制が崩壊したことで、政府や中央銀行が刷るお金自体を信じられないと言った人は、BitShares内の分散型取引所で資産をbitGoldやbitSilverなどのコモディティに交換することができます。
ゴールドなどのコモディティとして保有しておけば、将来特定の法定通貨の価値が大幅な目減りをしたとしても、ゴールドに価値がある限り、あなたの資産は守られます。

ビットコインからの逃避先になる

ビットコインを保有している人は、これからビットコインの価格が下落すると思ったらその前にbitJPYに交換しておけば、ビットコインの価格が下落しても影響を受けなくなるため、ヘッジの役割を果たします。
bitFlyerなどの取引所を利用することもできますが、これらの取引所にはカウンターパーティ・リスクがあります。逆にbitJPYは分散型取引所にて取引が行われるためカウンターパーティ・リスクはありません。

カウンターパーティ・リスクがない

そもそも、Tetherなどの法定通貨にペッグしている暗号資産はTether社が潰れたり、Tether社の資産が凍結されたりした場合は、その暗号資産の価値はなくなります。
つまり、Tetherは他人のサービスに依存するので、あなた以外の人間の決め事に通貨価値が左右されてしまうのです。
しかし、スマートコインは違います。
スマートコインのbitJPYを持っていたとしたら、いつなんどきでも1円分のBTSと交換することができます。
bitJPYはブロックチェーンが発行しており、1 bitJPYを発行するために1円分以上のBTSを人間が触れない領域にロックしてあるので、人間の勝手な決め事に左右されることはありません。
会社が潰れようが、銀行が潰れようが、国が潰れようが関係ありません。いつでも好きなときにBTSに交換することができます。
例え、BTSが円に対して変化していても、資産をbitJPYとして持っておけば、bitJPYは精算する時に、時価で1円分のBTSに交換することができます。だからbitJPYを持つことは銀行にお金を預けたり、他人に依存するTetherのような暗号資産を持つよりもはるかに安全なのです。

まとめ

暗号資産が世界に広まっていくには安定した通貨価値を持った暗号資産がまずは必要です。
あなたがbitJPYを積極的に使っていけば、資産を守りながら、インターネット上に存在する一つの巨大な経済圏のインフラが国をまたいで存在し続けることができるのです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: BitShares

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら