Categories: 暗号資産

Binance DEXのBTCはなぜBTCBと表記されているのか。

Binance DEXBTCBTCBという表記がされている。

なぜか。

それはBitcoinネットワークを使っているわけではなく、

BEP2ネットワークを使っていますよということを伝えるため。

BEP2ネットワークを使っているということは受信アドレスはbnbから始まる。

BitcoinネットワークにあるビットコインをそのままBitcoin BEP2のアドレスには送れない。

なぜならブロックチェーンが違うから。

ビットコインBinance DEXに入金するためには、まずは普通の方法でビットコインをBinanceに送る。

そして、Binanceにビットコインが入金されたら、BTCをTransfer Networkに「BEP2」を選択してBitcoin BEP2のアドレスに向けて出金することで、Binance DEXにBTCBが入金される。

Trust Walletを使うならBitcoin BEP2という名前のトークンが吐き出す受信アドレスに向けて出金する。

つまり、BTCBはBinanceが作成したBTCのIOUだということだ。

余談だが、Binance DEXの他のトークンにはxxxBというsuffixは付かない。

なぜならBEPトークンはトークンだから、そもそもBinance Chainの中に属するアセットだから、わざわざ表記する必要がない。

BTCの場合はトークンじゃなくてコインだし、「BTCBはBEP2ネットワークの中にあるIOUですよ」と示すためにわざわざsuffixを付けてる。

それを表現するためにCZさんはこのやり方を取ったと私は解釈している。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら