Categories: 暗号資産

Binanceが革命を起こす。

Binance、最近色々とすごいです。

例えばですけど、BinanceはKYCがなくてもある程度暗号資産を取引できちゃいます。

だから、良い人も悪い人も集まるし、

人を善悪で区別しないということで、

太陽のような存在になってしまって、

世界中から人が集まる大人氣の取引所になっています。

でも「悪い人」も集まるということで、

日本の真面目な取引所からは結構敵視されていたりします。

だから、Binanceはつい先日、Zaifにいいかがりをつけられ、数年前のことを持ち出されて、意味不明に訴えられたりしています。

日本人って結構そういうところ甘ちゃんですよね。

人のことを訴えている暇があったら、どうやったらもっと自分達が世界に貢献できるかを考えた方が建設的なのにね。。

話を戻しますが、ポイントとしては、今この世界で何が起きているかというと、

「KYCを重視する日本のようなお堅い国」と、「KYCは特にいらないよねと思っている世界中の人達」(EthereumDEXを利用している方々、Binance やBinance DEXを利用している方々、Binance Smart Chainを利用している方々等)がバッチバチにぶつかりあっているということです。

また、Binanceのすごいところって、

CEOの存在感なんですよ。

DeFiプロジェクトのほとんどは失敗する。」

とかいいつつ、

「新しいプロジェクト、キャップが低い、ハイリスク」

と無名トークンをバシバシBinanceに載せていくような人です。

日本の取引所ではあり得ないわけです。

でも、リスクを取るか取らないかはユーザーが選ぶことができるから、取引できる場所を作ることそのものに意味があると、

批判覚悟で前へ前へ突進するような人なんです。

だからね、彼はカリスマなんです。

Binanceが最近出したBinance Smart ChainというブロックチェーンBinance Chainと並行に走っています)は今ETHの中でブームが起こっている「DeFiのスタイル」を丸パクリして、

ERC20トークンならぬ、BEP20トークンを作っちゃいましたから。

しかもですよ、Binance Smart ChainはEVM compatibleということで、将来的にはETHのブロックチェーンと密にやり取りできちゃうようなプランがあります。

だから、BEP20のトークンってETHと同じで0xから始まるアドレスだったりするんですよ。

将来見据えてますよね。

みんなが1ヶ月先しか見えないところを、彼はね、もう5年先の未来を先に見ちゃっています。

BSCはETHを置き換えることを目的にはしていない。ただ、ETHと互換性があるだけだ。」

って言ってます。

日本の取引所はね、早く彼に抵抗するスタンスを変えていかないと、これからCZにズルズル引きずり回されることになりますよ。

だって、彼は革命児ですからね。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: Binance

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら