レーベルに進化しました。

ビットクラッシャーでローファイ感を演出する方法を教えて。

avatar ビートメイキング
この記事は約2分で読めます。

ビットクラッシャーはデジタルオーディオを劣化させるエフェクトで、ビットレートサンプルレートを下げることで特有の音質を作り出します。ローファイ(Low Fidelity)なサウンドを演出するためにビットクラッシャーを使う際のいくつかの方法は以下のとおりです。

基本的な手法

  1. ビットレートを下げる: ビットクラッシャーによってビットレートを下げると、音の精度が低下し、デジタルな”クランクリング”(ざらざらとしたノイズ)が発生します。
  2. サンプルレートを下げる: サンプルレートを下げると、音がより”エイリアス”(高周波が低周波として折り返される現象)となり、レトロな雰囲気を演出できます。
  3. ミックスを調整する: ビットクラッシャーのエフェクトは強力なため、元の信号と混ぜることで、過度な劣化を抑制できます。

応用的な手法

  1. マルチバンド処理: 低域、中域、高域で異なる設定を使い、より複雑なテクスチャを作成する。
  2. オートメーションを使用: サンプルレートやビットレートを曲が進行するにつれて変更すると、ダイナミックな効果が得られます。
  3. 他のエフェクトと組み合わせる: リバーブディレイといった他のエフェクトと組み合わせることで、より独自のローファイサウンドを作成できます。

注意点

  • ビットクラッシャーは非常に目立つエフェクトなので、過度に使用すると他の音源やエフェクトを圧迫してしまう可能性があります。
  • ビットレートやサンプルレートを大きく下げすぎると、音が非常に不快なものになる可能性があります。適度な量で調整しましょう。

これらのテクニックを駆使して、独自のローファイサウンドを演出してみてください。