Bitcoin.comのiOSウォレットにCloudバックアップ機能がつきました。

これをオンにするとGmailやAppleのIDを使ってウォレットのバックアップを自動で行うことができます。

自動でできるということは仮にiOSウォレットを急になくしたとしても、12 word mnemonicを忘れたとしてもウォレットを復元できるということです。

これがメリットです。

逆に、Gmailアカウントがハッキングされたり、差し押さえられたりした場合には、

iOSウォレットを外部の人間が復元できてしまうということになります。

これがデメリットになります。

つまり、メリットもあれば、同時にリスクにもなりえるということにもなります。

それと、最近この機能がちょっと接触が悪いのか、Gmailと同期させたとしても、結構の頻度で「Sync paused. Enabling cloud backup to avoid losing access to your funds」というメッセージが出てきて、

再ログインしないと同期が再開されないという問題が発生したりしています。

ということで、ここはメリットとデメリットを考えて、使いたい人だけが使えば良いということですね。