サトシ・ナカモトがビットコインを作ったときに、彼はビットコインにスケーラビリティの問題を残しました。

ただ、これはサトシが気づかなかったわけでもなく、たまたまでもありません。彼はわざとスケーラビリティの問題をビットコインのシステム内に組み込みました。サトシはバカではありません、むしろ天才ですからね。

じゃ、なぜ彼はスケーラビリティの問題を放置したままビットコインをリリースしたのか。

理由は簡単です。

それは「どんでん返し」の機会を設けるためです。

ビットコインをいっぱい流行らせておいて、あるタイミングでフォークして、一旦状況をひっくり返す。これがしたかったから、スケーラビリティの問題を残したわけです。まぁ、天才なんですよ。

ただ、いきなりフォークしたときの影響は計り知れないので、とあるアルトコインを使って極秘にテストをしているわけです。アルトコインがアルトコインAとアルトコインBに分かれた時の人々の挙動、世界の反応、市場の動き、それらを全て実際に試しながら、様々なテストをしているわけです。分かりますか?

ですから、これらのことから言えることは、ビットコインがフォークすることはもう既に決まっていると言って良いでしょう。

それがいつになるかは分かりませんが、ビットコインがフォークする日が来ることを頭の片隅に入れながら行動すると良いでしょう。