仮想通貨取引所の知識

ビットコインは仮想通貨の世界では基軸通貨である

仮想通貨同士を取引できる取引所を見ればすぐに分かりますが、どの通貨もビットコイン(通貨の単位はBTC)が決済通貨となっています。

つまり、LTCBTCやDOGEBTCみたく、BTCが通貨ペアの右側に来るということです。

これはビットコイン仮想通貨の世界では基軸通貨の役割を持っていると言えます。

LTCをDOGEに直接交換するのは市場としてあることはありますが、とてもリクイディティ流動性)が悪いので、取引相手を見つけるのが難しいのです。

LTCをDOGEに直接交換したいのなら、取引所ではなく、ShapeShift.ioのようなサービスを利用すると良いでしょう。

しかし、LTCを一旦BTCに交換してからBTCをDOGEに交換するという二段階の交換方法を取れば取引所でもスムーズな交換が可能となります。

LTCを直接DOGEに交換するよりはるかに良いレートで交換できるでしょう。

そういう意味ではビットコイン仮想通貨の世界でのUSD(アメリカドル)のような存在なのです。

ビットコインは基軸通貨であるということは、今後新しい仮想通貨が登場したときにもビットコインさえ持っていれば手軽に交換することが可能になるということです。

つまり、ビットコインを取引するときには、BTCUSDやBTCJPYばかり取引してUSDやJPYのキャピタルゲインを狙うのではなく、LTCBTCやDOGEBTCなどを取引して、BTCキャピタルゲインを目指すのも大いにありだと思います。

関連記事: Fiatに換金することを考えるのはやめてみる