ビットシェアーズ内で流通しているスマートコイン「bitJPY」とは何か

bitJPYBTSにより価値が担保されている暗号資産です。
bitJPYには暗号資産の特性があり、市場で他の資産とトレードしたり、他人に送付したりすることができます。
ただ「bitJPYとは何か?」を突き詰めると、本質は暗号資産というよりは「契約」だと言えます。
どういう契約かというと、「1 bitJPYを持つ者はいつなんどきでも1円分のBTSと交換することができる」という契約です。つまり、BTSの価値が対円建てで変化したとしても、bitJPYを保有する者はいつでも好きな時に1円分のBTSと交換することができるのです。
財源のBTSはどこにあるのというと、BitSharesブロックチェーンに保管されています。
だからこそ、それそのものが価値のある暗号資産として流通しているのです。
「1 bitJPYを1円分のBTSに交換します!」とbitJPYの持ち主が宣言し、権利を行使することを「セトルメント」と言います。
ここで大切なのは、セトルメントを通してbitJPYをBTSに交換することと、bitJPYをBTSでトレードする行為は全く違うということを知ることです。
前者はbitJPYの持ち主がブロックチェーンにbitJPYを引き渡し、ブロックチェーンが24時間後に1円相当のBTSを送ってくれ、その瞬間にブロックチェーンはそのbitJPYを燃やし、消滅させます。後者は別のユーザーとbitJPYとBTSの現物を交換しあっただけなので、流通しているbitJPYの数量に変化は伴いません。ですから、意味合いが全く違います。

bitJPYはなぜいつでもセトルメントできるのか

bitJPYはBTSの価値が対円建てで変化してもなぜ1円分のBTSといつでも交換できるのかというと、bitJPYが生成されるメカニズムを考えると分かります。
bitJPYは元々供給量ゼロから始まります。誰かがブロックチェーンに「1円分のBTSプラスアルファ」を預けることで、ブロックチェーンから1 bitJPYを借ります。つまり、この世に存在しているbitJPYは必ず誰かがブロックチェーンに預けたBTSに裏付けされているので、bitJPYの供給量に過不足はなく、bitJPYはBTSを引き出すための手形だと言えるのです。
その手形が巷に流通しているだけで、持ち主が変わったところで、セトルメントを通せば、ブロックチェーンに預けているBTSをいつでも請求することができます。金本位制と同じで、bitJPYは兌換紙幣の役割を果たしているということです。
bitJPYを借りるためには、BTS担保を預ける必要がありますが、担保する金額は人によって違います。例えば、1 bitJPYを借りるのに2円分のBTSを預ける人もいれば、1 bitJPYを借りるのに10円分のBTSを預ける人もいるわけです。
ブロックチェーンはいつ誰からのセトルメントにも対応するため(支払い能力を保つため)に「マージンコール(強制決済)」のシステムを採用しています。BTSをブロックチェーンに預けてbitJPYを借りた人は、bitJPYをブロックチェーンに返せば預けた分のBTSを返してもらえますが、BTS自体の価値が下がって、1円分のBTSを保てなさそうになったら、ブロックチェーンは支払い能力がなくなる前に預かったBTSを使って市場から強制的にbitJPYを買い戻して契約をクローズさせます。
この時、1 bitJPYを借りるのに2円分のBTSを預けた人は1 bitJPYを借りるのに10円分のBTSを預けた人より先に強制決済させられてしまいます。なぜなら担保が少ないからです。
この場合、ブロックチェーンに預けるBTS量を増やして強制決済から免れるか、ブロックチェーンにそのまま強制決済をさせてしまう(強制的に損切りさせられるということ)かのどちらかになります。

まとめ

bitJPYを借りる側はBTSの対円価格が下がらないか心配する必要がありますが(主に投機家)、bitJPYを保有する側はいつでも1円分のBTSと交換できるので、安定した価値を持ちたいユーザーにとっては最適な暗号資産です。
額面価格の担保は人間に頼らずに、ブロックチェーンにより自動的に行われているので、bitJPYはカウンターパーティ・リスクのない理想的な次世代の暗号資産だと言えるのです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら