Genx Notes

仮想通貨&トレーディングに関する情報サイトとコンサルティング

ビットシェアーズ

BitShares DEXの課題

BitSharesブロックチェーン上で稼働していたほぼ自動化されたゲートウェイであるCryptobridgeが潰れました。

Bridgecoinを保有していた人達、今回は残念でしたね。

そして次にOpenledgerの入金出金の最低数量の増大と手数料の爆増がありました。

これで課題が見えてきましたね。

それは、今のDEXはゲートウェイありきの存在であるということ。

BitSharesというDPOSアルゴリズムで走るブロックチェーン。プロトコル自体は素晴らしい。

でもこのプロトコルの真の力を引き出せていない人類。

BitSharesで生活から支払いから全てを済ませられるほど広まっていたら、BitSharesから出金する必要はなく、これ一本でソリューションになります。

でもね、 chicken and egg problemと言うのがあって、今はBitSharesがどんなに使えたとしても、

生活や支払いをするためにはBitSharesから入出金しないといけないわけです。

だからゲートウェイありきになっちゃう。

ゲートウェイが取締りに遭ったり、ばっくれたり、ポリシーを変えたり、潰れたりしたら、ゲートウェイが発行したIOUを持つ人間がとばっちりを受けるわけですよ。

だから人はDEXに来てまでIOUを持ちたくないってなる。

そうなるとネイティブコインしか使うことができなくなりますしね。

でもユースケースを考えると、わざわざBitSharesのような小さなコイン使わなくても、もうかなり広まってるビットコインで良いじゃんとなる。

で、ビットコインと中くらいのコインをトレードしたいなら、KYC済ませて、日本の中央集権型の取引所で取引した方がよっぽど安心じゃんとなる。流動性も高いし。

2014辺りと違って、現在の日本の取引所は色々整備されてきましたからね。

特にcoincheckやzaifのハック後の対応を見ると、やっぱり日本人はホントにマメでちゃんとしてるなと感じます。

こういう言い方して悪いですが、中国のKYCが必須でない取引所よりは信用できます。(これは私が初期の頃に中国のBTERでGOXをくらったことがあるからこそ言っていますので、バイアスがかかっています)

話を戻しますが、ゲートウェイに頼らなくても良いくらいBitSharesが支払いの分野で普及すれば、DEXは完全体になれると言えるでしょう。

でも、DEXが普及するためにはユーザーが必要で、ユーザーが増えるためにはユースケースが必要で、ユースケースを作るには、プロトコルを推進する人達が必要で、結局は人の手が必要になるわけです。

非中央集権型取引所なのに、人間のサポートが必要。人間に管理されないために生まれたDEXなのに、結局はどうしても人間のインプット(開発やマーケティングやインプレメンテーション)が必要。

ここが最大の課題です。

やっぱりBitSharesはPOSや支払いの分野に向かって、ユーザーベースを作っていくのが良いのではないかなと。

プロトコル的には定期購読(サブスクリプション)もありますし、proposal機能を使えば擬似的にAtomic Cross Chain Transferもできますし、他のコインにない強さはあるので、ここは踏ん張りどころかなと思います。

では今日はこの辺で。

Genx Notesのメルマガへの登録はこちら。



-ビットシェアーズ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。