BitShares、結局何を信じれば良いの?

BitShares 2.0から色々ありました。

Openledgerができた、

Cryptobridgeができた、

一時価格が100倍近くになったりした。

でも、Cryptobridgeは潰れてしまった。

OpenledgerもClosed activityとしている。

Openledgerは潰れたのかは分からない。サイトは残っているようだから。

でも発行されたアセット (IOU)は全て交換不可になってる。

つまりIOUの価値はゼロになってる。

ここで最近BitSharesが4.0になりました。

で、その影響なのか、みんな何が起きているのか分からない状態でなぜか価格が上がってきている。

私が何かミスしている(見逃している)ことでもあるのだろうか?

BitSharesの価格が上がる要素って、あったっけ?

BitSharesのブロックチェーンはまだ生きてるし、

取引所も生きてる。

ただ、ゲートウェイ(CryptobridgeやOpenledger)などが色々といなくなった。

でも価格はあがる。

4.0だから?

じゃ4.0って何が変わったかみんな知ってるの?

そんなはずはないよね。

やっぱり、人々は投資って「氣分」でやってる、

つまり「感情」でやってるってことが現れている。

左脳じゃ説明できないようなことが起きてる。

つまり、楽観的になったら、「コロナで暇だからビットシェアーズでもいっちょ買うか」

「お、上がってる。俺も買ってみよ〜」

って遊びで上がってるということかも知れない。

つまり、暗号資産の「ここがいい」「ここが優れている」というのはある意味トレーダーには関係ないのかも知れない。

「価格が上がってるから、俺も買ってみよ〜」

そういうテキトーな理由であがるもんなんだ。

ビットコインが$10000まで復活したし、他も上がるっしょ」

っていう楽観的な行動。

なるほどね。

トレードって実はこういう原理で動いてるって話でした。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら