BitShares上級編

BitUSDはなぜ他の米ドルペッグコインに比べて将来性があるのか

BitUSDBitSharesプラットフォーム内で作られたスマートコインであり、仮想通貨の一種です。$1にペッグしているという特徴を持っています。

今回はBitUSDはなぜ他の米ドルペッグコインに比べて将来性があるのか、解説していきます。

他のペッグコインは価値の裏付けがないがBitSharesは価値の裏付けがある

その昔、「Nubits」というペッグコインがありました。Nubitsは無から作られ、価値の裏付けがありませんでした。しかし、Nubitsの発行者が「Nubitsには$1と同じ価値がある」と謳ったため、その言葉を信じた者からすると、Nubitsは無からいきなり$1の価値がある仮想通貨となりました。

日本円で考えてみてください。日本銀行は日本円を好きなだけ刷ることができます。実際には単なる紙なのに、「一万円札には一万円という価値があります」という約束事を人々に信じさせることに成功しました。ですから、人々が一万円札には一万円という価値があり、一万円があればあんなことができて、こんなことができると信じている限り、催眠をかけ続けることができるわけです。それと同じです。

でも、Nubitsはしょせん無から刷られる法定通貨と同じで、不換紙幣でした。

最初、Nubitsの発行者たちは自分たちの約束を守るため、人々がNubitsと$1相当のビットコインの相互交換ができるように、複数の中央集権型取引所のNubits/BTC市場で積極的に買い板(Nubitsを売ってBTCに戻せる状態)を支えていました。しかし、ある日のこと、何が起きたかというと、運営側が「まさかの資金切れ」を起こしてしまったのです。約束を守れなくなっちゃったんですね。

すると、Nubits保有者がNubitsを$1相当のビットコインに戻したくても売ることができなくなってしまったのです。これによりNubits保有者が騒ぎ出し、Nubitsの価値が一気に下がってしまいました。その後、投機家が投機目的で参入し、一時的に上がったり下がったりしましたが、結局は信頼は失われ、人々の催眠が解けてしまったのです。

ここでBitUSDはなぜ将来性があるかという話に戻しますが、Nubitsが不換紙幣だとすると、BitUSDは兌換紙幣なのです。

BitUSDBitSharesの基軸通貨「BTS」により価値が裏付けされている、先物取引の原理を応用したスマートコインです。BitUSDを発行するには、誰かがBTSブロックチェーンコラテラル(担保)として預ける必要があるので、世に出回っている全てのBitUSDはそれ相当のBTS+αで支えられているのです。

つまり、BitUSDを持っていれば、いつなんどきでも$1相当のBTSに換金することが可能なのです。仮にBitUSD保有者が全員同時にBTSへの交換にやってきたとしても、BitSharesブロックチェーンBitUSD保有者全員に対しての支払い能力を持っているので、約束を果たすことができるのです。だから強いのです。

BitUSDでBlack Swan Event(事前に予測ができない大きなインパクトを与えるイベント)を起こすには、BTSの価値が24時間以内に66%以上落ちて、そのまま価格が戻ってこないような事態が起きない限り、ペッグが破綻することはありません。

BitUSDの発行量は自由経済に基づく

BitUSDでは$1への換金を申し出たユーザーが持っていたBitUSDは支払いが完了した時点で消滅することから、供給量をゼロに戻すことができます。

つまり、市場に出回っているBitUSDは自由経済が決めたもので、人為的に供給量がコントロールされているわけではないのです。したがって、BitUSDではBitSharesコミュニティの介入の余地がないので、Nubitsで起きたような人為的ミスが抑えられます。

BitUSDは非中央集権的

BitUSDBitShares非中央集権型取引所で取引されているため、安心して保有することができます。

仮想通貨ビットコイン取引所のベイルインでも言っているように、中央集権型取引所を利用するとカウンターパーティ・リスクが伴います。どんなに法定通貨ペッグした安定した仮想通貨を保有していても、取引所がGoxしたりハッキングに遭ったらひとたまりもありません。

逆に、法定通貨ペッグした仮想通貨で、価値の裏付けがあって、誰も奪うことのできない非中央集権型取引所で資産を保有できるのは「神」です。これほど素晴らしいものはありません。

BitUSDのこれから

BitSharesコミュニティは現在活発に動いていて、ヨーロッパ方面のBitShares Munichから「BitShares Wallet for Android」がリリースされました。このウォレットはPOS(Point of Sale)に対応しているので、お店が導入すれば、bitUSD決済が可能になるのです。BitUSDビットコインのようなボラティリティ(価格の変動性)がないので、お店やスモールビジネスはBitUSD決済を導入しやすいと言えます。

また、BitShares MunichからSmartcoins Walletという別のウォレットも出ているようです。

スマホにBitUSDを入れて、空港で両替せずに、世界中でBitUSD決済できる世の中はそう遠くはないかもしれませんね。さぁ、みんなでBitUSD供給量を増やすのだ!

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-BitShares上級編
-