BTC建てよりUSDT建てで取引する方がやりやすいことに氣づいた。

昔はトレードをBTC建てでやっていたんですね。

理由は、BTC建てしかなかったから。

でもUSDTが普及してきてからは、USDT建ての市場が増えてきました。

で、今回分かったのはBTC建てで取引するよりUSDT建てで取引する方がやりやすいことに氣づいたということです。

なぜかというと、USDT建ての方がリスクの管理がしやすいから。

多くの人の場合、増やしたいのは法定通貨建ての資産だと思います。

なのに、BTC建てで取引すると何が起きるかというと、

仮にアルトコインを安く買えて、高く売れて、BTC建て資産が増えたとしても、

肝心のBTC自体が法定通貨に対して上下しているわけですから、

せっかくキャピタルゲインを得たのに、

BTCを保有していることでキャピタルロスが起きることがあって、

それによって、せっかくアルトコイントレードで利益を出しても、

それが帳消しになってしまうようなことが多々ありました。

でも、USDT建てで取引すると何が起きるかというと、

アルトコインを安く買って、高く売って、USDT建ての資産を増やすことができ、

USDT建てで資産を持っている時は「ポジションに入っていない状態」というニュートラルな状態を作ることができるからなんですね。

考えてみれば当たり前のことですが、これって非常に重要なことです。

ポジションから抜けたとしても、その行為によって別のポジションに入ってしまっているという状態に陥ってしまうということを回避するということですから。

もちろんUSDT建てで資産を増やしていくということが正解というわけではありません。

人によってはBTC建ての資産を増やしたいんだ!って言う人もいるかも知れません。

そういう人はBTC建ての取引でキャピタルゲインを得られるようにトレードに入れば良いのです。

ただ、人によって欲しいものが違う。

だからこそ、自分が何を欲しいのかというのを自分で知っておくというのが大切だと言えますね。

「Genxの言ってることは分かるけど、私が取引している取引所ではUSDT建ての取引はないよ!」って言う方もいると思います。

そういう方にはBittrexBinanceがあることを伝えておきます。

これらの取引所にはアルトコイン対USDTの市場がありますから。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: BTCUSDT

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら