仮想通貨取引所の知識

仮想通貨の世界では証券会社を通す必要ない

従来の株式や先物の世界ではそもそも取引所にアクセスするだけでも証券会社を介す必要がありました。

しかし、仮想通貨の世界では証券会社などの仲介者は必要なく、OTC(Over-the-counter)トレードと言って、当事者間で直接取引したり、個人が直接取引所にアクセスして仮想通貨を取引をすることができます。

仲介者を完全に省くことができるため、従来の株式や先物の世界とは違い、取引手数料が圧倒的に安いことが挙げられます。

また、従来の株式や先物の世界とは違い、様々な取引規制がない(または少ない)ため、価格の変動が大きくなる場合があります。

従来の株式や先物の世界では様々な規制が定められており、本当はマーケットは下がりたいのに下げさせてくれない、または本当はマーケットは上がりたいのに上げさせてくれないということに繋がり、個人投資家にとっては不完全燃焼になっていました。

しかし、仮想通貨の世界では違います。価格が暴騰してもストップ高なんてありませんし、逆に暴落してもストップ安なんかありません。ですから、マーケットは人間の感情に赴くままに動くようになりました。

このこと自体に良い・悪いはありませんが、今までとは比べものにならないほどの利益を一瞬で出すことも、今までとは比べものにならないほどの損失を一瞬で出してしまうことも普通になったということです。

こう説明したときに「利益を一瞬で出すことも」の部分だけを見て「おお!それならやってみたい!」と思ったとしたら赤信号が点灯していると思ってください。なぜなら「損失を一瞬で出してしまう」こともたくさんあるからです。

ちゃんとトレードを理解した上で、自分が自分でいられる限界を知った上で臨むようにしないと、200%火傷します。何も分からない状態で、いきなりレバレッジ25倍でトレードしたりはしないようにしてください。トレードでは利益を出すことよりも、リスクをコントロールすることの方が大切です。

いずれにしても、仮想通貨の世界は「新世界」です。いままでの常識の外に出る勇気を持ち、柔軟な頭を持って、新しい世界の流れに乗っていきましょう。

-仮想通貨取引所の知識