に投稿 コメントを残す

周りと調和できない自分を許します。

過去に会社員時代に働いていた会社で、チームと調和できなくて、ボスに対して色々と反抗したことがある。

この時はその職場を離れることにしたのだが、

その後の人生でチームと調和できない自分を責め続けていたことは確か。

でも、今回自分の恋人が、会社のチームと調和するために自分の中にストレスを溜めて愚痴を吐きまくっているところを見て、目が覚めた。

あの時、私はチームと調和できなくて、ボスと戦うことを決意して、

色々といざこざを経て退社したことについて、

「私はチームプレイができない人間」

「私は周りと調和できない人間」

「私は平和を乱す人間」

そうやって今まで自分を責めていましたが、自分を許します。

理不尽なボスに反抗できた自分を誇らしく思います。

平和を乱してでも自分の想いを外に対して表現できる自分が素晴らしいと思えます。

他人の行動を見て、自分を責め続けていたことに気づき、

責めるポイントではないことに気づいた。

むしろ誇れるポイントだった。

あの時、自分のために立ち上がってくれてありがとう、自分。

に投稿 コメントを残す

仕事で悩んでるからって恋人に八つ当たりするのはやめろ。気持ちをぶつける相手を間違えるな。

仕事が色々大変なのは分かります。

でもね、仕事を介して色々とストレスをためて、恋人に対して八つ当たりするのは本当にやめた方が良い。

だって恋人は関係ないじゃないですか。

恋人はいつでもあなたの味方なのにも関わらず、

恋人まで排除したいんですか?という話です。

恋人に八つ当たりするのは心が狭い。

ストレスがたまっているのはわかる。

モヤモヤするのは分かる。

でも仕事で悩んでるのなら、味方に八つ当たりするのではなく、

問題を起こしている張本人に対して気持ちをぶつけてみれば良い。

気持ちをぶつける相手を間違えていないか?

仕事場で平和を壊す勇気を持て。

チームと調和するために自分の中にストレスを溜め続けるか、自分の気持ちに素直になってチームといざこざを起こす覚悟をするか、

後者を選べる人間になって欲しい。

に投稿 コメントを残す

情報でお金を稼げるようになるためのマインドセット

今回はブログ運営だろうが、商品やサービス販売だろうが、何をするにしてもお金を稼げるようになるためにはとあるマインドセットのインストールが全てであるというお話をしていきます。

私は過去にポータルサイト思考を持っていました。

それは、「有用な記事を書き続けて、それを無料で公開することで、読者に喜ばれ、感謝されることで読者はリピーターになってくれる。

そこからメールマガジンなりに繋げて、連絡先を頂いて、商品を作って、そこからプロダクトローンチをしてお金をバックエンドで稼ぐ、

そのためにはファン化させることが必要。」

そう思っていました。

でもね、最近は違うんですよ。

そもそも情報というのは無料と有料の差をつけるのが難しいもの。

なぜなら自分にとっては当たり前のことでも読者にとってはすごくためになることかも知れない。

もしくは逆に自分にとっては非常に勉強になった「ためになる情報」でも読者にとってはどうでも良いことかも知れない。

だから、そもそも情報という無形のものを自分の指標だけで無料か有料か判断するのって難しいんですよね。

さらに、有料にするのならいくらに指定するかっていうのはそれもさじ加減がとても難しかったりするんですよね。

だからこのドツボに陥ってしまうと、どんなに有料級の情報を書いていたとしてもお金を頂くことを躊躇してしまうのですね。

するといつまで経っても情報配信でお金を取ることができなくて、

アドセンスみたいな広告に頼らざるを得なくなる。

これってきついですよね。

それに、最近は有用な情報が巷で溢れかえっているんです。

だからね、情報の質だけを考えてしまうと、すごい情報を無料で出したりしている人が多いから、

それに比べてしまうと、自分の配信している情報の質を疑い出して、

「こんなちんけな情報を有料にしても良いのかな?読者に悪いなぁ〜」って思うようになってしまうんですよね。

いずれにしても、これらのマインドになってしまうとなかなか抜け出せないし、

いつまで経っても有料化できない。

でも、大切なのは何か、最近気づきました。

それはね、「何を配信しているか」ではなく「誰が配信しているか」がとても大切だということ。

だから、例え巷に既に出ている情報だったとしても、あなたなりの伝え方であなたが伝えることで、

読者はファンになってくれるんですね。

だから、そのためには新しいマインドセットをインプットする必要になります。

それは何かというと、

私はすごいということにする

これです。

私はすごいんだから、別に他人よりすごい情報を配信しなくても、いいんです。

私はすごいんだから、私が配信する情報にはどんなものでも価値があるんです。

私はすごいんだから、私は情報を有料化して、人様から代金を受け取って良いんです、そういう人間なのです。

この考え方をインストールしてください。

こうすることで、誰かが持っている情報と比べるのはなくなります。

それに自分の情報が十分なのかそうではないのか、自分を疑わなくなります。

そして堂々と笑顔でお金を受け取ることができるようになります。

別に広告に頼らなくても、多くの人に認められなくても、

自分で自分を認めているのだから、そこで自己承認欲求は自己完結するのです。

別の多くの人に届かなくても、あなたのところに来る人がいて、あなたのことが好きだと言ってくれる人がいる。

そういう世界に生きることができるようになるのです。

情報配信する者として、「私はすごい」のインストールを今すぐに行いましょう。

に投稿 コメントを残す

知り合いや友達に自分の音楽を聞かせるのが苦手だったことについて

今日話す内容は皆に当てはまるかは分かりませんが、

少なくとも私の場合はそうでした、ということを念頭に置いて読んでみてくださいね。

以前の私は音楽を作った時、それを知らない人に聞かせる分にはオッケーでしたが、

知り合いや友達に聞かせるのがすごく苦手でした。

「なんて思われるんだろう」と

結構ビクビクしていました。

例え「すごい良いじゃ〜ん」って言われたとしても、

「(俺を傷つけないように)それってお世辞で言ってるんだろ?」みたいに思ったりしていました。

でもね、このメンタルでいたら非常に苦しかった。

苦しすぎた。

そりゃいくら知り合いとは言え、世界観は違うわけですから、

私の音楽を聞いて、

「こりゃダメだ」って思われることもあるだろうし、

「本当に良いね」って思われることもあるでしょう。

でも、意見がどっちに傾いても、ネガティブになっていたわけです。

それって結局私の中で自己肯定感が足りていなかったという話です。

でもね、ある時、「知り合いや友達からどう思われても良い。」

「私の音楽は素晴らしい。私がそう思うからそれで良いのだ。」と決めたんですよね。

そしたらね、

知り合いや友達に音楽を聞かせても、ビクビクしなくなりました。

なぜなら相手が私の音楽に対してどう思っていようが、

その意見は私にもはや影響を及ばさなくなったからです。

結局は他人の意見を自分に影響を及ぼさせているのは自分であって、

影響を受けないって決めちゃうと一切影響を受けなくなるんですね。

実際、これを経て人生って自作自演なんだなぁ〜って思いましたよ。

でね、でね、

ここからが大切なんですけども、

知り合いや友達って意外や意外、「ダメだこりゃ」って思っている確率よりも「良いじゃ〜ん」って思っている確率の方が実は高いんですよ。

今までの自分がビビり過ぎていただけで、ちゃんと聞かせることができたとしたら、褒めてくれる人の方が実は多いわけです。

「全く知らない人が作った音楽だよ」として聞かせたら「へぇ〜」としかならなかったとしても、

同じ音楽を「私が作ったんだよ」って言ってから友達が聞いたとしたら「良いじゃ〜ん」に変わるわけです。

友達バイアスってあるんですよ。

でもそれで良いんです。

それを「お世辞だ」とか「俺を傷つけないように言ってる」とか、

そういう「拗ねた」考えはしなくて良いのです。

友達が好きだって言ってくれてるんだから、

「おお!そう思ってくれたんだね!ありがとう!嬉しいよ!」と素直に受け取って良いんですよ。

結局は自分の中の自己肯定感が全ての現象を司るんです。

だから自己肯定感を上げることに尽きます。

そして知り合いや友達に音楽を聞かせられるようになったら、急に「サポーター」が増えますよ。

だって今までビクビクして聞かせられなかった人達を一気に取り込んでファンやサポーターにしちゃうことができるんですからね。

まとめると、

全ての答えは自分の中にあります。

自分の気持ちが全てです。

だから、「拗ね」や「遠慮」や「恥ずかしさ」や「自己否定」を取り除いて、

自分の中で自分の音楽は素晴らしいということにするんです。

そしたら、堂々と人に聞かせられるようになります。

知り合いや友達を味方にすれば、全く知らない人をファンにしていくよりもずーっと早くファンベースを作っていくことができますよ。

人生の95%はコネです。

自分一人で頑張っていないで、

知り合い・友達を味方につけましょう。

では、今日はこの辺で!

に投稿 コメントを残す

昨日言ってたことと、今日言うことと、明日言うことの違いに不安を感じたらどうするべきか。

人間のメンタルって結構フラフラしていると思うんですよ。

まるで株価が上下するかのように。

ある時は自信満々で、ある時は消極的になったり、

ある時は強気発言をして、また別の時はそれを取り消したりして。

または、ある時はこう思っていたけれど、経験を積んで、別の考えを持つようになったとか。

ありますよね〜。

だから、ブログをやっていると、

気持ちが上に行ったり、下に行ったり、意見が変わったりする自分が丸見えになるんですよね。

昔はそれが恥ずかしくてしょうがなくて、

過去記事を消したりしていたわけです。

でも、それをやるのを基本的にはやめました。

(やめたとは言っても過去記事を消すこともありますよ、様々な理由で)

やっぱりね、

人間なんだから気持ちが上がったり下がったりするのは当たり前ですし、

考え方が変わっていくのは当然のことなんです。

だから過去の自分の記事を見て恥ずかしく思うのは分かるんですけど、

それを消してしまうと、ここに来るまでの軌跡を消してしまうことになってしまうのではないかな〜と思うのです。

人間って赤ちゃんから子供、子供から思春期、思春期から大人になって成長するように、

大人になってからもずっと成長し続けるわけですよ。

心の中でというの意味でも、経験値が増えるという意味でも。

人生って上がったり下がったりするけれど、結局は緩やかな右肩上がりになるようにできているわけです。

だから、過去記事を見て恥ずかしく思うってことはそれだけ自分が成長しているということで、

それはむしろ良いことなのではないのかな〜と思うのです。

だから過去に言ったことにいちいち囚われる必要はなく、

「I reserve the right to change my opinion at any time(私はいつでも自分の意見を変更する権利を持っています)」という精神で、

どんどん配信していけば良いのですよ。

「あの時こう言っちゃったから、あれがやりたくてもできないんだよね〜」みたいに無意識や顕在意識の中で思っていたとしたら、

その制限はどんどんと外していけば良いわけです。

「あの時はそう言った。確かにそう言った。でもそれは過去のことだし、今は違う。意見は今変えました。だからやっても良いんです。だからやります。」と自分に許可していけば良いわけです。

分かりますでしょうか?

だからself-doubt(自分を疑うこと)ばかりしていないで、

今のこの瞬間の自分に対して自信を持って、

配信していきましょう。

間違えても良いんだよ。

命までは取られないから、どんどんやって、

その中で失敗しても良いのです。

それを糧に、新しい解決策を見つけていけるのだから。

今日は以上です。

に投稿 コメントを残す

100年かかると思ったこと、実はそうでもなかったかも。

たまにトリイさんのブログを読んでいるんだけど、
続きを読む 100年かかると思ったこと、実はそうでもなかったかも。

に投稿 コメントを残す

ホリエモンの言ってることも分かるし、アマゾンのコメントの人が言ってることも分かる

ホリエモンの「これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話」という本。
続きを読む ホリエモンの言ってることも分かるし、アマゾンのコメントの人が言ってることも分かる

に投稿 コメントを残す

二段階右折

右折したいだけなのに、それを二段階に分けるなんて、無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!原チャリじゃないんだからさ!

今まではそう思っていた。

ただ、自分の会社を始めてから、二段階右折をたくさんするようになった。

個人の時は「合理的であることが全て」って感じだったから、「二段階右折ほど意味がないものはない!」、

そう思っていた。

だから、最初はそういうマインドで運営していたもんだから、

無理やり一発で右折しようとして、多くの壁にぶつかった。(色々なところで拒否されたりね)

超激突したよね。

で、気づいたんだ。

ここでショートカットしちゃダメなんだって。

二段階で右折しても良いんだよって。

で、自分に対して二段階右折を許可したんだ。

すると、その瞬間から目の前にあった壁がフッと消えるようになった。

だから、レベルを上げるために段階を踏む、それもOKということにした。

そうしたら色々と思い通りになるようになってきたよね。

それでレベル上げが楽しくなってきたよね。

人生ってドラクエと一緒だなと最近良く思う。

に投稿 コメントを残す

過去に何があったかは関係ない

過去に何があったとしてもそれは関係ない。

それがどんなに大変だったとしても、現在の意向と矛盾していようと、関係ない。

これからどうしたいのか、これから何をするか、それが一番大事なんだよ。

結局自分たちは「今」の連続を生きているんだから、

今を大切にしろって話。