ステーブルコイン

ステーブルコイン

バイナンスでUSDC、USDP、TUSDをBUSDに自動変換されるようです。

バイナンスは、ユーザーの流動性と資本効率を高めるため、ユーザーのUSDC、USDP、TUSDステーブルコインの既存残高を1対1の比率でBUSDに自動変換を導入するとのことです。 2022-09-29 03:00(UTC)より、ユーザ...
ステーブルコイン

仮想通貨を持ったまま価格を固定する方法

今回は仮想通貨を日本円に戻さずに価格を固定する方法を紹介します。
ステーブルコイン

USDTの引き出し料が高すぎる時

現状、ERC20形態のUSDTのキャッシュアウトするには、Binanceで20 USDT、Bittrexで50USDTの費用がかかります。 クレイジーな引き出し料金です。 ですからERC20トークンのまま引き出すのはちょっとナンセ...
ステーブルコイン

USDTがAlgorandブロックチェーンにも進出

USDTがAlgorandブロックチェーンにも進出したようです。 USDTはOmniネットワーク、ethereumネットワーク、Tronネットワーク、EOSネットワーク、liquidネットワークに既に乗っていて、今回Algorand...
ステーブルコイン

BUSDとは?

BinanceがPaxos社と提携して発行した米ドルに1:1でペッグしたステーブルコインのこと。 どうやってドルとのペッグを保っているか。 それは、 ニューヨーク州金融サービス局(New York State Department of F...
ステーブルコイン

USDT ERC-20ならCoinomi Walletで保管できる。

USDTには2種類あると記事に書きました。 Coinomiウォレットをインストールしたところ、USDTを扱えるということなので紹介しますが、 USDT ERC-20の方なら扱うことができます。 Omni Layerの方の...
ステーブルコイン

USDTには2種類ある

USDTは最初は1種類から始まりました。 最初はビットコインのブロックチェーンを借りて(Omni layerと言う)トランザクションが行われていました。 携帯電話の世界で言えば、Mineo等のMVNOの業者がAUの回線を借りて...
ステーブルコイン

PAXって何?

最近PAXってよく見るので、PAXについて調べたことを一応書いておく。 PAXはPaxos社が発行しているUSDペッグのステーブルコインのことだということ。 Paxos社はアメリカに本社を置いている会社で、2012年に設立され...
ステーブルコイン

Huobiが作ったステーブルコイン、HUSD、の新しい試みが面白い。

Coindeskから以下のニュースが飛び込んできた。 JUST IN: Singapore-based cryptocurrency exchange Huobi has just launched a solution that ...
ステーブルコイン

USDT(Tether)を今持つのは危険。

タイトルの通りだけれど、USDTは今持つのは危険。
タイトルとURLをコピーしました