Categories: 暗号資産

暗号資産においてコインとトークンの違い

今回は暗号資産において存在するコイントークンの違いについて解説していきます。

違いは簡単です。

コインはブロックチェーンによって作られた暗号資産でマイニングステーキングで手に入れることができる暗号資産のことです。例えばビットコインはマイニングで掘ることができるため、コインとしてみなされます。

では、トークンは何かというと、トークンとは既存の暗号資産プラットフォームの中で作られた暗号資産のことを指します。例えばイーサリアムERC-20系のトークンが例として挙げられます。

イーサリアムというプラットフォーム(コインとみなすこともできる)の中でERC-20というトークンを作ることができます。有名なところで言えばBNBバイナンスコイン)ですね。

BNBはバイナンスがブロックチェーンを稼働させているわけではないです。

BNBはイーサリアムブロックチェーンの中で稼働する暗号資産です。ですからトークンなのです。

BNBを一つのウォレットから別のウォレットに動かすためにはイーサリアム系のウォレットが必要であり、また動かすために少量のイーサリアムがGAS(手数料)として必要になります。

だからBNBはトークンとしてみなされます。

分かりましたでしょうか?

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら