iPadでBitSharesウォレットとOpenledgerウォレットをテストした

iPadのSafariブラウザからBitSharesウォレットOpenledgerウォレットをテストしてみた。

両方ともBitSharesブロックチェーンにアクセスしているという意味では同じだけれど、インターフェイスが違う。
結果から言うと、Openledgerウォレットの圧勝だった。
BitSharesウォレットはiPadのブラウザからはちゃんと立ち上がらなない時があった。リフレッシュしたり、利用する以前の問題だった。
でも、OpenledgerはiPadのSafariからでも使える。
ブラウザは対応していないというメッセージは出るものの、問題なく使えた。
ログイン形態はウォレットモデルアカウントモデルの2種類あって、iPadから利用する場合はアカウントモデルが最適だ。
なぜならログインIDとパスワードだけで入れるからだ。そして、ログアウトボタンも実装されたから、そのままブラウザからログアウトすることもできる。
BitSharesウォレットはどちらかというと、パソコンユーザー向けだ。それに、BitSharesプラットフォームを利用している取引所(Openledger, CryptoBridge, Sparkdex等)を縦横無尽に飛び交うには最適だ。
でもOpenledgerウォレットは一般ユーザー向けだと言える。iPadだけでもこれだけの動作ができれば、手のひらに分散型取引所が手に入ったと言える。
後はOpenledgerが出しているiPhoneアプリがiPad対応してくれるのと、発注に対応してくれれば(注文キャンセルには既に対応している)、かなり前進できるだろう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら