仮想通貨ウォレットの知識

仮想通貨(ビットコイン)を安全に保管するにはウォレットを作ろう

ビットコインなどの仮想通貨Peer-to-peerで取引する仮想通貨であるため、銀行などの仲介者は存在しません。

そのため、ビットコインを保管したり、他人に送金するときにはウォレットをあらかじめ作成しておく必要があります。

ウォレットには大きく分けて三種類あります。クライアント型、オンライン型、それとオフライン型です。では、それぞれのウォレットについて解説していきます。

クライアント型

クライアント型のウォレットには完全型と簡易型があります。どちらも専用のソフトウェアをデバイスにインストールして、デバイス上でビットコインを管理するタイプのものです。

完全型のクライアント

完全型のクライアントはブロックチェーン上の全取引データをダウンロードするという特徴があり、仮想通貨(この場合はビットコイン)が始まって以来の全取引履歴がダウンロードされます。

ブロックチェーンは最低でも数十GBの容量があるため、ハードディスク容量に余裕が必要です。完全型のクライアントは容量が大きいためパソコン版での利用が基本となります。

代表的なものにBitcoin Coreというソフトウェアがあります。

簡易型のクライアント

簡易型のクライアントはブロックチェーンをダウンロードしないので軽いです。軽いのでLight walletとも呼ばれていて、パソコン版やスマホ版など、たくさんの種類があります。

また、簡易型クライアントの中にはHDウォレットという種類のものがあります。HDウォレットはおすすめで、中でも私が最もおすすめしているのはiOS版HDウォレットbreadwalletです。

オンライン型

オンライン型のウォレットはインターネットブラウザを使用して管理する、インターネット上のウォレットです。

代表的なサービスにBlockchain.infoというサービスがあります。

こちらはインターネット上で管理するウォレットであるため、プライベートキーは実質ウォレットプロバイダーに預けることになります。(Blockchain.infoペーパーウォレットを作成する場合は例外です。)

ウォレットハッキングに遭わないようにするためにセキュリティ対策をする必要があります。パスワードを難解なものにしたり、二段階認証を有効にして、アカウントを守っていく必要があります。

ウォレットハッキングされた場合、ビットコインは簡単に盗まれてしまいますので注意しましょう。また、あなたがどんなに気をつけていたとしても、ウォレットプロバイダーそのものがハッキングされてしまえば、あなたのビットコインは盗まれてしまう場合があります。

そのため、オンライン型のウォレットサービスを利用するときは少額にとどめておいた方が良いでしょう。私もオンライン型ウォレットサービスは便利なのでちょくちょく利用していますが、大金は預けていません。

オフライン型(コールドストレージ)

オフライン型とはビットコインをインターネットにつながっていない、安全なところに保管するウォレットのことです。ウォレットを紙に印刷しておく、ペーパーウォレットなどがあります。

オフライン型はインターネットにつながっていないため、一番安全と言えば安全ですが、今度は物理的な保管に気をつける必要があります。

ペーパーウォレットを万が一なくしてしまったら、プライベートキーをなくすのと同じなので、永久に復元ができなくなり、ビットコイン資産を完全になくしてしまいます。

ですから、地震などの災害が起きてもプライベートキーをなくさないようにする必要があります。また紙をラミネートするなりして、犬やヤギに紙を食べられないように気をつけると言ったことも必要です。

まとめ

このように、ビットコインをオンラインに保管するのもオフラインで保管するにも一長一短あります。どの方法があなたに一番適しているかを考えた上で賢く管理していきましょう。

最後に、クライアント型を入れようがオンライン型を使おうが、ビットコインを扱うパソコンには必ず仮想通貨用のセキュリティ対策を行うようにしましょう。フィッシングに遭ったらひとたまりもありませんからね。