Categories: 暗号資産

暗号資産はもうなくならない

世間ではビットコインなどの暗号資産から注目をそらさせ、ブロックチェーンの技術に注目を集めさせ、話をすり替えようと必死になっている人達がいます。

しかし、パブリックブロックチェーンがどうの、プライベートブロックチェーンがどうのという話はいち個人、特に一般のサラリーマンにとってはあまり関係ない話と言っても良いでしょう。

プライベートブロックチェーンが必要か必要じゃないかを考えるべきなのは企業レベルの話です。それを個人レベルで必要以上に追いかけるのは私からするとナンセンスです。

あなたが個人としてフォーカスするべきなのは暗号資産の可能性を考えることです。もちろん暗号資産の根幹となる技術にはブロックチェーンが使われていますが、あなたが資産の運用方法に組み込めるのは暗号資産であってブロックチェーンではありません。

ですから、今回はブロックチェーンの話に飽き飽きしているあなたのために「暗号資産が開発された今、暗号資産は今後もなくならないよ」ということと、「暗号資産の方にフォーカスを当てて考えよう」という話をしていこうと思います。

最初にできた概念はなくならないことを理解しよう

インターネットができたときに最初にできたものは「メール」、そして「サイト」です。

この概念はいまでもなくなっていません。なぜならある分野ができてから最初にできたものはなくならないようになっているからです。

それと同じでブロックチェーン技術ができたときに最初にできたものは「暗号資産」です。

ですから暗号資産はなくなりません。

今後ブロックチェーンの技術を応用して様々な「仲介業」がブロックチェーン技術によって置き換えられていったとしても、それとは関係なく暗号資産は暗号資産として存在し続けます。

なぜなら暗号資産はブロックチェーンができてから最初にできたものだからです。

ビットコインが他の暗号資産に置き換えられることはあっても暗号資産の概念は消えません。ブロックチェーンが世界に出てきた時点で「価値交換の考え方」が永遠に変わってしまったのです。

インターネットとメールやサイトを切り離せないように、ブロックチェーン技術と暗号資産は切り離せない関係なのです。

価値の裏付けなんてものはそもそも幻であることを理解する

暗号資産は金(ゴールド)などとは違って価値の裏付けがないなら価値交換には適さないと言う人もいますが、価値の裏付けというのは人間が勝手に決めることです。

ゴールドだってそれ自体は腹の足しになりませんし、明日バイオハザードが起きて、周りの人達が皆ゾンビになってしまったら、どんなにゴールドを持っていても、無意味なものになってしまいます。暗号資産だって法定通貨だって全て無意味になります。バイオハザードが起きたら、一瞬にして作物の育て方、家畜の育て方、魚釣りの技術、バリケードの作り方、護身術等が最強の価値に変わります。

ゾンビや悪意のある他人から逃れながらどうやって食べていくのか、どうすれば襲われずに眠れるのか、どうやって子孫を増やしながら育てていけるのかという話になったら、価値交換の手段は強制(強奪)、または物々交換(作物と魚を交換する等)が基本となります。

このように考えれば、ゴールドには価値の裏付けがあるけれど、暗号資産には価値の裏付けがないという理論はそもそも幻なのだと言えます。

大切なのは、現代のように価値交換の手段にお金のような「中間的媒体」を使う時代では、自分と交換相手が価値交換に使用する媒体をお互いに認めたときに初めてその媒体に価値が生まれるということを理解することです。

本来なら物々交換できない相手(トマトを作る人と車を作る人)とでも価値交換を可能にするのがお金です。お金は価値を数値化する機能があるので、人々はその便利機能を使って価値交換している、ただそれだけの話なのです。

全ては人間が勝手に決めているだけなので、「この媒体は価値交換の手段として使えるね」と多くの人間が判断した瞬間にその媒体自体に価値が乗り移ります。例えそれが単なる紙切れであってもパソコン画面上の数字であってもです。

まとめると、暗号資産は自分と交換相手がお互いに価値交換の手段として認めた瞬間にいきなり価値を持つようになります。

ですから、価値の裏付けなんてものはそもそもあってないようなものなのです。本当に価値があるものとは形のないもの、特に自分が持ちあわせていないスキルや技術などが無限の価値を持つわけです。

したがって、暗号資産には価値の裏付けがないから価値交換には適さないと言う話をすること自体がナンセンスです。あなたは交換相手と「中間的媒体」を通して数値化されたトレードをしているだけです。その媒体が法定通貨だろうが、ゴールドだろうが、暗号資産だろうが、その下にある価値交換の基本は物々交換であることを忘れてはいけないのです。

あなたとあなたの周りの人達が暗号資産という「中間的媒体」を信じるのか信じないのか、いまは信じなくても今後は信じるようになるのか、そういう風に考えた方が暗号資産の本質や可能性が見えやすくなると思います。

暗号資産は現代の価値交換の用途にはピッタリだったから普及は時間の問題だろうねという話

暗号資産には価値があると人々が認める理由には様々な要因がありますが、その中でもブロックチェーン特有の「いくら持っているのかを嘘をつけない」「履歴を改ざんできない」「腐敗している可能性がある第三者を信用する必要がない」という特徴と、暗号資産の持つ「デジタル」「チャージバック不可」という形式が現代の価値交換の用途にピッタリ合ったと言えます。

ですから、人々が他人(企業、行政、国を含む)を信用できない世の中が続く限り、暗号資産は価値交換の手段として使われる可能性がありますし、今後はunbanked(銀行口座を持っていない人々)の労働力を暗号資産で買うような業界も増えることが考えられますし、いまとなっては暗号資産の存在は無視できなくなったと言えるでしょう。

人々が他人を100%信用できるような世界を作るのが理想と言えば理想ですが、それはいままでできなかったので、残念ですがブロックチェーンを使った無人の中間合意システムが人類には必要だったということです。

このようなことから、私は暗号資産の誕生は必然、暗号資産の普及は単なる時間の問題と考えるようになりました。

まとめ

個人が考えるべきなのは自分の未来のために資産運用をどう行なっていくべきなのかを真剣に考えることです。その資産運用のプランの中に暗号資産を組み込むのかどうか、組み込むとしたらどの暗号資産をどれくらい持つのか、そしてどれくらいのスパンで考えているのか、そういう目線で世界を見るようにしてください。

他人から発せられる余計な情報はあなたにとってノイズにしかならない場合が多く、物事の本質にフォーカスできなくなってしまう可能性があるので、なるべく遮るようにした方が良いでしょう。

自分の未来を作れるのは自分だけですから、脳みそにひたすら汗をかきながら、自分の力で考えるクセをつけていくようにしましょう。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら