仮想通貨トレーディングのテクニック

損切りがどうしてもできない人は合わせ切りをやってみよう

損切りがどうしても難しいと言う人は合わせ切りを試してみることをおすすめします。

合わせ切りは損切りの一種ですが、「含み損が出ている銘柄と含み益が出ている別の銘柄を一緒に売却することで損益を相殺し、プラスマイナスゼロにしよう」という方法です。

合わせ切りのメリット

合わせ切りのメリットはなんといっても塩漬けの銘柄を売却することで、流動資金(現金)を復活させることができるということです。

例:
100万円で買った銘柄がプラス30万出ていて、100万円で買った別の銘柄がマイナス30万出ていたとします。

プラス30万円の銘柄だけを決済し、マイナス30万円の銘柄を塩漬けにすれば、使える資金は130万円です。70万円は塩漬けしているので全く機能していません。

ここでマイナスが出ている方の銘柄を合わせ切りすれば、先ほどの例に比べたらトータルどはプラスマイナスゼロの損益ですが、現金は130万円ではなく200万円になるのです。

130万円で新たな銘柄を購入するよりも200万円で新たな銘柄を購入する方が断然に効率が良いはずです。

jump

もし含み益が出ている銘柄がなく合わせ切りができないというのなら、同水準の別の有望な銘柄に乗り換えるというのも手です。そうすれば、損を確定しているというより、別の銘柄に乗り換えていると考えることができ、精神的な負担を最小限に抑えることができます。

まとめ

損切りができなくて、資金を大きく失うくらいなら、合わせ切りをして損を切ることに慣れると良いでしょう。

もちろん、将来的には含み損が出ている銘柄を躊躇なく単体で損切りできるようになるのが良いので、合わせ切りを通して損切りの極意を学びましょう。

損を切ることでまた出直せるのです。