貨幣制度を理解する

銀行に預金する行為は日本円という通貨に投資しているということ

多くの人は銀行に日本円を預金しておくことが一番安全でリスクの少ない行為だと思っています。

しかし、これは完全な勘違いです。

銀行に日本円の現金を預けるという行為自体が「日本円」という通貨の繁栄に投資していることと同意義だからです。

資産はどんな形にしておいてもリスクに晒されています。日本円、外貨、金(ゴールド)、仮想通貨、株、どんな形にしても価値が常に変動しています。

日本円が銀行に預けられている間にも、その日本円の購買力は常に変動しています。

あなたが日本に住んでいるとしたら気づきにくいかも知れませんが、海外旅行に行くときに日本円を外貨に両替するときの両替のレートが常に変動していることに気づくと思います。

そのレートが良ければ問題ないのですが、レートが悪くなり、悪いままになれば日本円の価値が目減りしているということになります。

悪いレートになったとしても、将来的には日本円の価値が戻るかも知れませんし、そのまま長い間悪いレートが続くかも知れませんし、最終的には日本円自体の価値がなくなり、単なる紙切れになるかも知れませんし、それは分かりません。

通貨の価値が全く無くなる、または大幅に目減りすることをハイパーインフレと言いますが、あなたが資産を日本円という形だけで持っていて、ハイパーインフレがもし起きてしまったら、あなたの資産は全て失くなってしまいます。

そのため、あなたは自分の資産を一つの形態で持っているのは危険なことであるということを認識する必要があります。預金は常にインフレリスクに晒されており、現金という形態はインフレには弱い性質を持っています。

一つの形態にまとめていては、ある日突然富が消滅してしまう可能性が高まるので、ハイパーインフレが来ることをあらかじめ想定しておき、複数の形に分散しておくことが賢いです。現に、多くのお金持ちの人は資産の形を分散しています。

資産を日本円と外貨と株という形に振り分けても良いですし、日本円と仮想通貨と株という形で持っていても良いと思います。ポートフォリオ(資産の構成)の組み合わせは無限大であり、人それぞれ違います。

現金の預金は「これからはデフレになり現金の価値がさらに上がるだろう」というときに力を入れるべきで、それ以外のときは別の形に投資するのが良いと思います。

もちろん、別の形態だからといって、一つの銘柄を全力買いしていては意味がありませんので注意してくださいね。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-貨幣制度を理解する