塩漬けと損切りのどちらが正しいのかでも解説していますが、私はトレーダーは「短期的思考」か「長期的思考」のどちらかを最初から決めておかないといけないと思うのです。
もし、あなたが長期的思考に基づいた投資をするのならば、お金を捨てる氣持ちで応援したい銘柄に投資して、将来大幅に価格が上昇することを期待して、損切りはせずに塩漬けにして生きていくのも良いと思います。
しかし、あなたがもし短期的思考に基づいたトレーダーならば、希望をベースにしたトレードをしてはいけなく、あくまでも「次はどうなるのか」を最重要視しなくてはいけないので、エントリーしたポジションが思惑と反対方向に行ってしまったときにはポジションを塩漬けにしてはいけなく、損切りを積極的に行っていかなくてはなりません。
ですから、自分は長期的思考なのか短期的思考なのかを理解したら、そのあとは終始一貫して同じ行動を取り続けなくてはならないのです。
関連記事: 一貫性を持つことの重要性
一番問題になるのは途中で矛盾した行為に出てしまうことです。
長期的トレードをすると決めたのに価格が下がってきて、怖くなってしまい損切りしてしまうとか、短期的トレードをすると決めたのに価格が下がってきて、損切りするのが嫌になり塩漬けにしてしまうとか、最初に決めたことと逆のことをやり始めると、長い意味で自分の首を絞めることになります。
決断を土壇場でひっくり返してしまうのはあとから命取りになり得るのです。
とにかく、矛盾した行為はしないように徹底してください。
プラン通りに動くように習慣付けてください。
プラン通りに動くように自分を習慣付けるためにはトレーディングプランを書き上げることが必要です。
「こうなったら買う」「こうなったら売る」というプランは必ずポジションに入る前に紙に書いておき、あらかじめ行動を決めておきましょう。そして、自分で決めたルールは最後まで守るようにしてください。
関連記事: ルールを守ることの重要性
矛盾している自分の行動に氣づいたら、意識してその行動を取り消すように努力してください。トレーディングはいかに自分をコントロールしていくかが重要です。
自分を完璧にコントロールするスキルは一朝一夕にはマスターできないので、経験を積んで、トレーディングが上手くなるための努力をしましょう。お金は後から付いてくるものです。まずはスキルアップから始めるようにしてください。
関連記事: 上手いトレーダーを目指そう

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら