カロリー計算と罪悪感

私の場合はカロリー計算やめたら(MyFitnessPalアンインストールした)急に筋肉付いてきたことを実感しました。
やっぱり綿密なカロリー計算はしない方が良いんだ。
そう思いました。
もちろん本当にプロ中のプロになろうと思っている人には当てはまらないかも知れませんが、
「健康的にジムに通いたい」
そして
「良い体になりたい」
というレベルの願望だった場合、
あまりにも細かくカロリー計算しない方が案外うまくいくことってあると思います。
理由は簡単です。
それは、「カロリー計算をあまりにもピシっとやり過ぎると、食べる事に関して罪悪感を作り出すから」なんです。
メンタルにとって良くない影響を与えやすいからなんですね。
それともう一つ理由があります。
「脂肪や炭水化物を悪者扱いしだしちゃうから」なんです。
本当は食べる事が悪いわけでもないし、脂肪や炭水化物が悪い訳でもない。
結局は筋肉は欲しいけど、脂肪はいらないという思考が筋トレの成果を遅くさせてしまうのです。
コインの片側だけ欲しいって言っても無理なんですね。
筋肉を付けようと思えばある程度の脂肪は付いてきてしまいます。
ですから、筋肉を付けるには「脂肪がついても良いという覚悟」をする必要がありますし、その覚悟が出来たら見事に筋肉がついてくる。
付いた脂肪は後からプチダイエットでもして絞れば良いわけです。
でも脂肪がつくことそのものに罪悪感を感じていれば、筋肉をつけようと思っても付けられないわけです。
そういう意味では「罪悪感を感じるということ」は全ての問題の源なのです。
ですから、罪悪感を手放すためにできることをやった方が良い。
それが私にとってはカロリー計算を綿密には行わないということだったのです。
私の場合、カロリー計算をやめた瞬間、罪悪感がなくなり、心が急に楽になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました