短いスパンでのキャピタルゲインを重視し過ぎない

短いスパンでのキャピタルゲインばかり意識してしまうと、個人にとっての強みである時間を有効に使わなくなってしまいます。
するとどうなるかというと日々の価格の動向が異常なほど氣になり始めてしまいます。
もし日々の価格の動きに一喜一憂するようになってしまったらそれはすぐに直さないと大変なことになってしまいます。例えば、業績は伸びていて問題はないのに、価格が下がったからといってすぐに売ってしまったり、今後も業績は伸びそうなのに、ちょっと価格が上がったくらいですぐに利益確定してしまい、その後の成長の恩恵を受けられない等が起きてしまい、効率良く利益を出していくことができません。
このような出来事が起きないようにするためには、短いスパンで物事を見ることをやめなくてはなりません。機関投資家のように成果をマネージャーや顧客に示さないといけない場合は短期的なスパンでどうしても利益を出さなければなりませんが、個人の場合はそんな制約ありません。
価格が下がったとしても、価格が復活するまで待つのも戦略のうちです。価格が復活するどころかいずれ暴騰するかも知れません。「待つ」という行為は多くの機関投資家ができないわけですから、みんながやらないことをやるのはチャンスなのです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら