仮想通貨ウォレットの知識

仮想通貨を始めたらデバイス間のデータ同期にクラウド同期は使わないこと

仮想通貨の世界に浸かると、いままでどれだけのカウンターパーティ・リスクに晒されながら生きてきたか気付くことができます。

銀行口座、メールサービス、クラウド・ファイルストレージサービス、など挙げていけばキリがありません。どれも他人の裁量でどうにでもなってしまうものですし、このシステムのルールの中で生活している限り、システムの奴隷になってしまいます。

勝手にメールやファイルを盗み見られるのも嫌なものですが、最も厳しいのは資産を他人任せにしてしまう既存の銀行システムを盲目的に使うことです。資産を人の手に預け入れたら最後、ベイルインが起きたとしても、どうしようもありません。

ですから、全額は無理でも一部の資産は仮想通貨に交換しておき、自分で管理した方が賢明です。

しかし、プライベートキーを含んだバックアップファイルをクラウドに乗せたら、資金が盗まれても文句は言えません。だからと言って資産をペーパーウォレットで持っていたら、家事や地震で建物が物理的に倒壊してペーパーウォレットがグチャグチャになったら終わりです。

ですから、完全アナログも完全デジタルも両極端で危険なのです。最も効率が良いのはその真ん中で、両方の良いところだけを利用するのです。それはITを駆使しますが、カウンターパーティ・リスクの関わる部分だけは手動にするというやり方です。

バックアップは多重で取り、複数のローカルの場所(パソコン1、パソコン2、パソコン3、スマホ、タブレット、外付けハードディスク等)に置くようにしてください。

バックアップから復元するためのパスワードをクラウドに置いたら意味がありません。なぜなら自分以外の人がアクセスできるからです。

ですから、パスワードは1passwordというパスワード管理ソフトを使って管理し、クラウド同期は行わず、Wi-Fi同期だけを利用するようにしましょう。Wi-Fi同期を使えば、Wi-Fiネットワークの外部に情報は流れないので安心です。

Wi-Fiで同期を行うにはスマホ版の1Passwordパソコン版の1passwordの両方が必要になりますが、資産を守るためには投資しましょう。