トラックメイカー名を決める時に考えるべきこと。

トラックメイカーとは、楽曲制作においてビートや曲の構成を作成する人を指します。トラックメイカーとして活躍するためには、名前を持つことが重要です。名前があることで、作品の印象を与えることができ、ファンや業界内での評判にも影響を与えます。そこで、トラックメイカー名を決める際に考えるべきことを以下に紹介します。

まずは、自分自身のイメージや音楽性を考えることが重要です。自分が作る音楽に合った名前を考えることで、作品と名前が一体となって印象に残るものになります。自分が作る音楽がポップスであれば、キャッチーで覚えやすい名前が良いでしょう。一方で、ダークで重い音楽を作る場合は、シンプルで印象的な名前が適しているかもしれません。自分の音楽性やイメージに合った名前を選ぶことが重要です。

次に、その名前が使われているかどうかを調べることが大切です。同じ名前を使っているトラックメイカーがいないか、または他の業界でその名前が使われていないかを確認しましょう。同じ名前を使っている場合、自分の作品が混同される可能性があるため、独自性を持った名前を考える必要があります。また、他の業界でその名前が使われている場合は、検索エンジンでの検索結果が混同される可能性があるため、同じ名前を使わないようにしましょう。

さらに、海外で活動する場合は、その名前が海外でも通用するかどうかを考えることが重要です。日本語だけでなく、英語や他の言語での響きも重要です。特に、海外で活動する場合は、英語の発音が似ている名前が良いでしょう。また、海外での活動を見据えて、国際的な名前を考えることも大切です。

最後に、覚えやすく簡潔な名前を選ぶことが重要です。トラックメイカー名は、覚えにくいとファンや業界内での認知度が下がる可能性があります。また、SNSや音楽配信サービスなど、デジタル時代においては、短くて分かりやすい名前が好まれます。長すぎる名前や難解な名前だと、入力しにくく、検索しても上位に表示されにくくなるため、避けるべきです。また、名前が簡潔であれば、ロゴデザインなどのマーケティング面での利用にも向いています。

以上のように、トラックメイカー名を決める際には、自分自身のイメージや音楽性、他のトラックメイカーとの重複を避けること、海外で活動する場合の響きや国際的な名前、そして覚えやすく簡潔な名前を選ぶことが重要です。大切なことは、名前が自分自身の音楽を表現し、聴いた人に強い印象を与えることです。適切な名前を選ぶことで、トラックメイカーとしてのキャリアをスタートさせることができます。

1982年生まれ、ラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

ゲンクス [Genx]をフォローする
ビートのマーケティング
スポンサードリンク
ブログランキング

ゲンクスノーツ - にほんブログ村

ブログサークル

ブログサークルコメント

Genx [ゲンクス]

コメント

タイトルとURLをコピーしました