アルトコインの知識

EthereumのMist Walletを使わずにETHとトークンを管理する方法

当サイトに訪れる多くの方がイーサリアムの「Mist Wallet」に苦戦しているようです。

確かにMist Walletは曲者であると私も感じています。私の目から見る世界では、どちらかというと投資家には「文系」の人が多いかなと感じている中、Mist Walletは完全に「理系」の人が作った産物なので、ウォレットの使い心地になんか違和感があるんですよね。

個人的にはMistのソフトウェアを使っているだけで背筋がむにゃむにゃするというか、なんというか資金がいつの間にか消えていないか心配になってしまうこのβ(ベータ)感満載な雰囲気はかなりストレスフルだと言えます。

とにかくコマンドラインを打たないといけないような場面に遭遇するだけでも普通の人は困ってしまいますし、ましてやフルノードブロックチェーンを保たないとパフォーマンスに影響が出るとなると、多くの人にとってウォレットを維持することがやっとであることが、当サイトの運営を通して分かりました。(理系の人にとってはごくごく簡単な作業でも、文系の人にとっては全く訳が分からないことはたくさんあり、いつの時代もこの課題で人類がつまづいていることが再確認できました。)

そこで、私が個人的に実践している、Mistウォレット以外でのEthereum系の資金の管理方法を解説します。

それは、BitSharesネットワークのOpenledgerにアカウントを作って、(Mist Walletの使い心地が簡単になるまでは)そこで資金を管理するという方法です。

例:
ETHをOpenledgerに送ったら→Open.ETHに変換されます
DAOをOpenledgerに送ったら→Open.DAOに変換されます
DGDをOpenledgerに送ったら→Open.DGDに変換されます
Ethereum_MKRをOpenledgerに送ったら→Open.MKRに変換されます

もちろん、Openledgerイーサリアム、またはイーサリアムのトークンを送ったら、Openledgerが発行するOpenから始まるアセットに変換されるので、Openledgerから出金するまではカウンターパーティ・リスクが伴いますが、MISTウォレットフルノードブロックチェーンを保ちながらウォレットの使用感と日々格闘していたらトレードどころではありません。

少なくともOpenledgerが近日中に潰れる確率と、MISTウォレットの挙動がバグったり自分の操作ミスで資金がパアになる確率を比べたら、後者が起きる確率の方がはるかに高いと私は感じています。ですから、確率の問題で考えたら、しばらくはOpenledgerで資金管理するのは合理的な方法だと私は考えます。(もちろんこれは私の尺度で判断していることなので、鵜呑みにせずちゃんと自分の頭で考えてください。)

あと、Openledgerアセットとして持っておくと、Poloniexなどの仮想通貨取引所に入出金するとき非常に楽です。指定されたアドレスに資金を送受信するだけですから、ブロックチェーンをSYNCさせることを考える必要はありませんからね。

過去にビットコインを取引所間で直接移動させることはできるのか?という記事を書き、その記事では取引所Aから取引所Bに直接資金を送ることは可能だけれどおすすめはしないと書きましたが、Mistウォレットの場合はあまりにも多くの人にとって目の上のたんこぶ状態になっているので、Mistウォレットを経由するくらいなら、取引所間で直接移動させる方がはるかに楽だと言えるでしょう。もちろん言うまでもありませんが、全ては自己責任で。